電子書籍 船頭岡っ引き控 文芸

著者: 千野隆司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

船頭岡っ引き控 花冷えの霞 あらすじ・内容

行徳河岸の船宿で猪牙舟の船頭である霧太郎は、定町廻り同心の浦部から手札を得て、日本橋小網町界隈を縄張りとする岡っ引きだった。亡くなった父の鍬蔵から跡を引き継ぎ、早とちりのおっちょこちょいで、しくじることもあるが、情に篤い男でもあった。

この作品を共有

「船頭岡っ引き控」最新刊

船宿の船頭・霧太郎は、南町同心の浦部から手札を受けて、小網町界隈を縄張りとする岡っ引きでもあった。その浦部から米屋の主を殺害し、四百七十両を奪った盗賊の探索を命じられる。犯行後、町内から姿を消した男の行方を捜し、不審な棒手振をつきとめるが…。

「船頭岡っ引き控」作品一覧

(2冊)

476円〜571円(+税)

まとめてカート

行徳河岸の船宿で猪牙舟の船頭である霧太郎は、定町廻り同心の浦部から手札を得て、日本橋小網町界隈を縄張りとする岡っ引きだった。亡くなった父の鍬蔵から跡を引き継ぎ、早とちりのおっちょこちょいで、しくじることもあるが、情に篤い男でもあった。

船宿の船頭・霧太郎は、南町同心の浦部から手札を受けて、小網町界隈を縄張りとする岡っ引きでもあった。その浦部から米屋の主を殺害し、四百七十両を奪った盗賊の探索を命じられる。犯行後、町内から姿を消した男の行方を捜し、不審な棒手振をつきとめるが…。

「船頭岡っ引き控」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説
ページ数
219ページ (船頭岡っ引き控 花冷えの霞)
配信開始日
2015年3月18日 (船頭岡っ引き控 花冷えの霞)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad