電子書籍 槍の文蔵江戸草紙 文芸

著者: 千野隆司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

槍の文蔵江戸草紙 恋の辻占 あらすじ・内容

槍と料理が得意な新見文蔵は西国大名家の下級藩士で、一月前に出府してきた。槍の道場近くで店をひらく板前で新米岡っ引きの丹次と出会い、文蔵は市井の人々と知り合う。ある日、若い娘が浪人の財布を掏るところを目撃したことが、大事件に繋がっていった。

この作品を共有

「槍の文蔵江戸草紙」最新刊

新見文蔵は槍の遣い手で料理上手。嫁入りを控えた江戸・日本橋の船宿の娘が、突然、姿を消した。彼女にぞっこんだった新米の岡っ引き・丹次は、女衒の手に渡ったらしいお新を救い出すため、文蔵とおみくじ売りのおけいと共に、浅草界隈を命懸けで奔走する!

「槍の文蔵江戸草紙」作品一覧

(3冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

槍と料理が得意な新見文蔵は西国大名家の下級藩士で、一月前に出府してきた。槍の道場近くで店をひらく板前で新米岡っ引きの丹次と出会い、文蔵は市井の人々と知り合う。ある日、若い娘が浪人の財布を掏るところを目撃したことが、大事件に繋がっていった。

槍の遣い手で料理上手、新見文蔵は男前だが田舎侍。江戸・大店の薪炭屋の女将が可愛がっていた犬が何者かに攫われ、百両もの金を要求された。岡っ引きの丹治とおみくじ売りのおけいは文蔵と共に下手人探しを始めるが、人情が絡む事件の裏には思わぬ顛末が…

新見文蔵は槍の遣い手で料理上手。嫁入りを控えた江戸・日本橋の船宿の娘が、突然、姿を消した。彼女にぞっこんだった新米の岡っ引き・丹次は、女衒の手に渡ったらしいお新を救い出すため、文蔵とおみくじ売りのおけいと共に、浅草界隈を命懸けで奔走する!

「槍の文蔵江戸草紙」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説
ページ数
242ページ (槍の文蔵江戸草紙 恋の辻占)
配信開始日
2015年3月18日 (槍の文蔵江戸草紙 恋の辻占)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad