電子書籍 大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド 改訂版 実用

著者: 大阪歴史文化研究会 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド 改訂版 あらすじ・内容

★ 古地図と現代地図を見比べながらタイプスリップしてみませんか! ★ 大阪城・真田山・梅田・平野・堺 … ほか全24コース!

★ 古地図と現代地図を見比べながらタイプスリップしてみませんか!
★ 大阪城・真田山・梅田・平野・堺 … ほか全24コース!

◆◇◆ 本書について ◆◇◆
かつて都が置かれた、奈良盆地から大和川、
京都盆地から淀川が大阪平野に流れ、
そこでまた幾筋にも分かれて海に注ぐ。
そんな川と海が織り成す情景が大阪の歴史を
構築したといっても過言ではありません。

海上輸送が主流だった昔は、
大陸から瀬戸内海を経て運ばれた物資や
人材の多くが大阪に集まりました。
だからこそ、大阪には縄文時代から人が暮らし、
古墳時代には宮都が置かれ、飛鳥・奈良時代になると、
難波宮が副首都としての役割を担ったのです。

そして戦国時代、織田信長は大阪を手中に収めようと
石山本願寺と死闘を繰り広げ、
信長の跡を継いだ豊臣秀吉は大阪城を築き、
日本一の城下町をつくりあげました。
江戸時代になると、
大阪の陣で灰燼に帰した市街を徳川幕府が復興、
日本の経済を支える天下の台所として繁栄を極めます。

本書では、そうした大阪の姿を生き生きと、
今に伝えてくれる古地図を選び、
古地図に描かれた寺社や旧跡を中心に、
大阪の歴史を実感できるスポットをめぐるコースを
提案しています。
歴史散策ということに重点をおくため、
各コースとも基本的に歩いてまわる設定です。
商都として繁栄する大阪を表した幕末の古地図や
海や川のイメージを彷彿とさせる
古代の大阪を描いた古地図を参考に、
一味違った大阪歴史探訪の旅にお出かけください。

※ 本書は2018年発行の「大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド」を元に、加筆・修正を行い再編集した新版です。

この作品を共有

「大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド 改訂版」最新刊

★ 古地図と現代地図を見比べながらタイプスリップしてみませんか!
★ 大阪城・真田山・梅田・平野・堺 … ほか全24コース!

◆◇◆ 本書について ◆◇◆
かつて都が置かれた、奈良盆地から大和川、
京都盆地から淀川が大阪平野に流れ、
そこでまた幾筋にも分かれて海に注ぐ。
そんな川と海が織り成す情景が大阪の歴史を
構築したといっても過言ではありません。

海上輸送が主流だった昔は、
大陸から瀬戸内海を経て運ばれた物資や
人材の多くが大阪に集まりました。
だからこそ、大阪には縄文時代から人が暮らし、
古墳時代には宮都が置かれ、飛鳥・奈良時代になると、
難波宮が副首都としての役割を担ったのです。

そして戦国時代、織田信長は大阪を手中に収めようと
石山本願寺と死闘を繰り広げ、
信長の跡を継いだ豊臣秀吉は大阪城を築き、
日本一の城下町をつくりあげました。
江戸時代になると、
大阪の陣で灰燼に帰した市街を徳川幕府が復興、
日本の経済を支える天下の台所として繁栄を極めます。

本書では、そうした大阪の姿を生き生きと、
今に伝えてくれる古地図を選び、
古地図に描かれた寺社や旧跡を中心に、
大阪の歴史を実感できるスポットをめぐるコースを
提案しています。
歴史散策ということに重点をおくため、
各コースとも基本的に歩いてまわる設定です。
商都として繁栄する大阪を表した幕末の古地図や
海や川のイメージを彷彿とさせる
古代の大阪を描いた古地図を参考に、
一味違った大阪歴史探訪の旅にお出かけください。

※ 本書は2018年発行の「大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド」を元に、加筆・修正を行い再編集した新版です。

「大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド 改訂版」の作品情報

レーベル
――
出版社
メイツ出版
ジャンル
実用
ページ数
130ページ (大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド 改訂版)
配信開始日
2020年7月4日 (大阪 ぶらり古地図歩き 歴史探訪ガイド 改訂版)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad