電子書籍 恋人たちのレストラン 文芸

著者: レベッカ・ウインターズ  翻訳者: 木内重子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

愛しのリモンチェッロ あらすじ・内容

九年ぶりに故郷に戻ったF1レーサーのヴァレンティノ。美しく成長した幼なじみのクララが気になってならないが、彼女が距離を置くのにはわけがあった。

「クラリシマ、まさか忘れたわけじゃないだろう!」その声に、クララははっと息をのみ、振り返った。ヴァレンティノ! 九年ぶりに幼なじみが戻ってきた。クララのことを“クラリシマ”と愛称で呼ぶ、ただひとりの人。そして、わたしにとっては“ティノ”。でも、もう昔の彼ではない。今はF1レーサーとして名をはせ、社交界をにぎわすプレイボーイ。その顔はテレビやタブロイド紙で、幾度も見せつけられている。父親のレストランの経営を立て直すため、当分町にいるそうだけれど、会ったとたんデートに誘う彼の真意が、クララにはわからなかった。いずれ町からいなくなる人と、浮ついた関係など結びたくはない。それにクララにはもう一つ、彼との関係に踏み切れない訳があった。■3月からお届けしているミニシリーズ〈恋人たちのレストラン〉。今月は食前酒リモンチェッロにまつわる、心温まるロマンスをお贈りします。次回三作目は6月刊行予定です。お見逃しなく。

この作品を共有

「恋人たちのレストラン」最新刊

父親が経営するレストランの自慢メニューが危機に瀕している。娘のイザベラは、気が気でなかった。ソースに入れるバジルが、王家の城の庭だけに生える貴重なもので、いつもは父が忍び込んで摘んでいたが、病気で倒れてしまったのだ。バジル摘みは、店で働くイザベラの手にゆだねられた。城には王子のマックスが住んでいるが、こもりがちで謎めいた存在。村の娘をさらっては地下牢にとじこめているという噂もある。バジル採りに行って、もしも王子に見つかったら?イザベラはおびえながらも、月の夜になんとか庭に入り込んだ。だが、すぐに馬に乗った黒ずくめの男が彼女のほうに迫ってきた。あれが噂の王子なの? 大変、つかまったらどうしよう!■3月からイマージュの作家たちが腕を競ってお届けするミニシリーズ〈恋人たちのレストラン〉が始まります。陽気な国イタリアで起こる楽しい物語の数々に、どうぞご期待ください。今月はレイ・モーガン、来月はレベッカ・ウインターズが登場します。お見逃しなく。

「恋人たちのレストラン」作品一覧

(6冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

「クラリシマ、まさか忘れたわけじゃないだろう!」その声に、クララははっと息をのみ、振り返った。ヴァレンティノ! 九年ぶりに幼なじみが戻ってきた。クララのことを“クラリシマ”と愛称で呼ぶ、ただひとりの人。そして、わたしにとっては“ティノ”。でも、もう昔の彼ではない。今はF1レーサーとして名をはせ、社交界をにぎわすプレイボーイ。その顔はテレビやタブロイド紙で、幾度も見せつけられている。父親のレストランの経営を立て直すため、当分町にいるそうだけれど、会ったとたんデートに誘う彼の真意が、クララにはわからなかった。いずれ町からいなくなる人と、浮ついた関係など結びたくはない。それにクララにはもう一つ、彼との関係に踏み切れない訳があった。■3月からお届けしているミニシリーズ〈恋人たちのレストラン〉。今月は食前酒リモンチェッロにまつわる、心温まるロマンスをお贈りします。次回三作目は6月刊行予定です。お見逃しなく。

アトランタ・ジャクソンは“か弱い悪女”役で人気の女優。でも、それはスクリーン上だけのこと――少なくともアトランタはそう思っていた。だが世間の反応は違った。恋人でもあった年上のマネージャーと手を切ったばかりに、不貞の女と噂を流され、マスコミから追われる日々が続いていた。アトランタは一時身を隠すためにイタリアの小さな町に向かった。そして、たまたま飛行機に乗り合わせたのがアンジェロ。以前ナイトクラブで口説かれたことがある、陽気なプレイボーイだ。旅の仲間は歓迎だけれど、まさか彼も同じ町に向かっているなんて。それに彼にはさっきラウンジで、別れ際にキスをされたばかりだった。■作家競作でお届けしているミニシリーズ〈恋人たちのレストラン〉。離れ離れになっていた家族が、イタリアにあるレストランに集う愛の物語は、次回いよいよ最終話を迎えます。お楽しみに。

伯父のルカが経営するレストランの立て直しを図るため、スカーレットはイタリアのモンタコレンティに帰郷した。金融アドバイザーとして磨いた腕を、今こそふるうチャンスだ。だが、問題が一つだけあった。レストランの料理長、ロレンツォとの再会だ。彼は名うての女たらし。夢中になった彼女の愛を踏みにじった男。結婚相手がいながら、平気で私に恋をささやいてきたなんて。五年前のあの仕打ちは決して忘れない。だけど、今度はスカーレットが彼の上司。ビジネスに徹すれば、昔のわだかまりなんてなんでもないはずよ。■イタリアを舞台に、強い絆で結ばれた家族の物語をお届けしている〈恋人たちのレストラン〉。作家競作のミニシリーズは四作目を迎え、いよいよ佳境に。今後の展開にご注目ください。

「恋人たちのレストラン」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・イマージュ
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
200ページ (愛しのリモンチェッロ)
配信開始日
2012年12月26日 (愛しのリモンチェッロ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad