電子書籍 不遇職【鑑定士】が実は最強だった(Kラノベブックス) 新文芸

著: 茨木野  イラスト: ひたきゆう 
みんなの★
4.4

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~ あらすじ・内容

対象物を鑑定する以外に能のない不遇職【鑑定士】のアインは、
パーティにお荷物扱いされながらも、必死に生きていた。

だがある日、大量のモンスターに襲われたパーティの面々はアインを犠牲にして逃げてしまう。

一人残されたアインは、ダンジョンの奈落へと落ち――
地下深くで、【世界樹】の精霊の少女と、守り手の賢者に出会う。

彼女たちの力を借り【神眼】を手に入れたアインは、
動きを見切り、相手の弱点を見破り、使う攻撃・魔法を見ただけでコピーする【神眼】の力を使い、
不遇職だったアインは最強となる!

小説家になろう 発 大人気異世界ファンタジーが登場!

この作品を共有

「不遇職【鑑定士】が実は最強だった(Kラノベブックス)」最新刊

対象物を鑑定する以外に能のない不遇職【鑑定士】のアインは、
パーティにお荷物扱いされながらも、必死に生きていた。

だがある日、大量のモンスターに襲われたパーティの面々はアインを犠牲にして逃げてしまう。

一人残されたアインは、ダンジョンの奈落へと落ち――
地下深くで、【世界樹】の精霊の少女と、守り手の賢者に出会う。

彼女たちの力を借り【神眼】を手に入れたアインは、
動きを見切り、相手の弱点を見破り、使う攻撃・魔法を見ただけでコピーする【神眼】の力を使い、
不遇職だったアインは最強となる!

小説家になろう 発 大人気異世界ファンタジーが登場!

「不遇職【鑑定士】が実は最強だった(Kラノベブックス)」の作品情報

レーベル
Kラノベブックス
出版社
講談社
ジャンル
新文芸 ファンタジー
ページ数
314ページ (不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~)
配信開始日
2020年9月30日 (不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad