電子書籍 カーニヴァル マンガ

著: 御巫桃也 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

41ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

カーニヴァル: 1 あらすじ・内容

ある腕輪を手掛かりに嘉禄(カロク)という人物を捜していた无(ナイ)は、旅の途中で花礫(ガレキ)という少年と出会い行動を共にすることになる。无が持つ腕輪は、どうやら『輪(サーカス)』という組織のものだと判明し…。

この作品を共有
  

「カーニヴァル」最新刊

研案塔から忽然と姿を消した无。无の持つ、未知の力へ様々な憶測がされる中、无が向かった先はニジの森―――始まりの場所だった。謎の声に導かれるまま、自らが得た想いを口にする无。そして、追いかける火不火の嘉禄を否定するように姿を消すが…。そこへ化色が現れ、无を拘束して――!? 明かされ始める世界の理、衝撃の展開から目が離せない第22巻!

「カーニヴァル」作品一覧

(22冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

ある腕輪を手掛かりに嘉禄(カロク)という人物を捜していた无(ナイ)は、旅の途中で花礫(ガレキ)という少年と出会い行動を共にすることになる。无が持つ腕輪は、どうやら『輪(サーカス)』という組織のものだと判明し…。

少年・无は、ある腕輪を手がかりに嘉禄という人物を捜して旅していた。旅の最中、腕輪に関連があると思われる『国家防衛機関・輪』という組織と行動を共にすることになる。そして、輪の専門医の診察により、无を構成する要素が人間ではない可能性が明らかになる――…。

无と嘉禄の暮らした『ニジの森』の調査の帰り、一行は花礫と生活を共にしたヨタカとツバメという双子の兄妹に出会う。ツバメは最近意識を失うことが多く、その間、街では謎の殺人が起きていた…。犯人はツバメなのか――…戸惑う花礫だが――…。

「カーニヴァル」の作品情報

レーベル
ZERO-SUMコミックス
出版社
一迅社
ジャンル
マンガ 女性向け ファンタジー 女性マンガ
ページ数
197ページ (カーニヴァル: 1)
配信開始日
2012年12月27日 (カーニヴァル: 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad