電子書籍 みっちんの声(河出書房新社) 文芸・小説

著: 石牟礼道子  著: 池澤夏樹 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

みっちんの声 あらすじ・内容

石牟礼が亡くなる直前まで、十年近い交友の軌跡が生き生きと甦る対話集。作家同士の親密な語り合いの中から池澤は、石牟礼の創作秘話、その奇跡的ともいえる作品の真髄を浮かび上がらせる。

  • シェア:

「みっちんの声(河出書房新社)」最新刊

石牟礼が亡くなる直前まで、十年近い交友の軌跡が生き生きと甦る対話集。作家同士の親密な語り合いの中から池澤は、石牟礼の創作秘話、その奇跡的ともいえる作品の真髄を浮かび上がらせる。

「みっちんの声(河出書房新社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
河出書房新社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ 日本文学 ノンフィクション
ページ数
281ページ (みっちんの声)
配信開始日
2021年6月11日 (みっちんの声)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad