電子書籍 よしえサン マンガ

完結
著: 須賀原洋行 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

よしえサン ニョーボとダンナの実在日記(1) あらすじ・内容

元実在OLよしえ。現在は専業主婦。ダンナは実在マンガ家S。脳ミソがヒュ~ヒュ~のためすぐ忘れてしまう。子供たちは、どうしようもない男の子(ガキんちょ)で、「女の子が欲しいわ~」とよく言う。よくホホホなことを言って、周りをおじぞうにする。実家に帰ると、よくおととをいじめる。音痴なのは、実母の「母だがね」譲り。これは、そんなよしえとダンナの実在日記である。

この作品を共有

「よしえサン」最新刊

ほとんどパソコンでしか文章を書かなくなったダンナだが、電話でネタの打ち合わせをするときは相変わらず手書きであった。そこでハンズフリーホンを買い、話しながらパソコンにメモを打ち込むことにしたが……!? さらに、インターネットのチャットでの打ち合わせを思いついたダンナに、思いがけない落とし穴が待ち受けていた!!

「よしえサン」作品一覧

(11冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

元実在OLよしえ。現在は専業主婦。ダンナは実在マンガ家S。脳ミソがヒュ~ヒュ~のためすぐ忘れてしまう。子供たちは、どうしようもない男の子(ガキんちょ)で、「女の子が欲しいわ~」とよく言う。よくホホホなことを言って、周りをおじぞうにする。実家に帰ると、よくおととをいじめる。音痴なのは、実母の「母だがね」譲り。これは、そんなよしえとダンナの実在日記である。

名古屋在住の元・実在OLで現・専業主婦のよしえサン。ダンナは実在マンガ家S。驚異の食欲と、驚愕の方向感覚、脳の構造を持つ実在OLのよしえに、日本酒のコレクターにして、もごもご喋り・にせフランス人のダンナ。このフーフは実在する――。

せっかくのまつたけを食べられないよしえサン。食欲いっぱいのよしえサンが、まさかそんなはずは……。そう、一家にとうとうニューフェイスがやってきた。よしえさん似の長男の匠(タクミ)クンの誕生秘話もばっちり掲載です! 「男はどうして女に困らせられたいのだろう。どうして手に負えない女を愛するのだろう。この愛の困惑ドキュメンタリーを読むと私は少しだけ『ダンナ』にシットする。」――尾瀬あきら氏(代表作:『夏子の酒』)

「よしえサン」の作品情報

レーベル
アフタヌーン
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ コミックエッセイ
ページ数
150ページ (よしえサン ニョーボとダンナの実在日記(1))
配信開始日
2013年3月1日 (よしえサン ニョーボとダンナの実在日記(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad