電子書籍 ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫) 文芸・小説

限定特典あり

まずは、無料で試し読み

試し読み

55ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ あらすじ・内容

その美しい女性は優れた古書の知識で、謎と秘密を解き明かす

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

  • シェア:

「ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫)」作品一覧

(7冊)

583〜715(税込)

まとめてカート

ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく――。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった……。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。

「ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫)」のおすすめコメント

ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~ お花某(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2015/03/25

最新刊5巻を読んだら『ブラック・ジャック』が欲しくなった!

シリーズ累計550万部突破! 今回取上げられている作品のひとつ『ブラック・ジャック』(秋田書店刊行)。ビブリア古書堂シリーズの魅力は、この本で紹介された本をむしょうに読みたくなること(※)。 えぇ、私もまんまとひっかかりました。で、 本作を読み進める⇒大至急、家にあった『ブラック・ジャック』を調べる⇒ヒーッと変な声をあげて家の人に怒られる⇒持っているのにブックウォーカーで電書を買う⇒やや満足(今ココ)。たぶん同じような行動に出る人が全米200万人はいるはずです。 さて、この本作5巻で取り上げられている本『ブラック・ジャック』もB☆Wで絶賛配信中です。どんな謎かは5巻を読んでのお楽しみで…。やー、ピノコがねぇ…。知っている人は知っているんだろうなぁ。

「ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫)」のおすすめ情報