電子書籍 超空自衛隊 新書

著者: 富永浩史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

超空自衛隊 奪回!ガダルカナル あらすじ・内容

海外復興支援に向かう陸自施設隊(工兵隊)が嵐に巻き込まれ、太平洋戦争中のガダルカナル島にタイムスリップ。ガダルカナル防衛の日本軍と接触した自衛隊は現地の飛行場奪取と建設に手を貸すことに。果たしてアメリカ軍の大反抗は食い止められるのか?

この作品を共有

「超空自衛隊」作品一覧

(8冊)

各823(税込)

まとめてカート

ベンガル湾作戦を終え帰還する自衛隊。しかしアメリカ軍の爆撃機は、何と直接帝都を襲った。果たして爆撃機はどこから来たのか? 日本軍は日米海上決戦に臨むべく、太平洋の島嶼を要塞化した。だが、事態は神谷らの思惑を超えた、予想外の展開を迎える!

フィリピン奪回に燃えるマッカーサーの猛撃に対し、日本軍は未来知識による零戦最終型機、電子天山の開発などで立ち向かう。そして海軍首脳はアウトレンジを捨て、日米主力艦隊同士による肉薄を試みた。南太平洋上で、世界の命運を決める大海戦の幕が上がる!

神谷ら自衛隊が油田開発のために満州に向かう頃、ソ連軍が不穏な動きを見せる。警戒する日本軍部……その時、内地で東海大地震が起こる。日本の混乱に乗じるように、ソ連軍が満ソ国境を越えた! 自衛隊員たちの新たなる死闘の日々が始まる…新章突入第一弾!