電子書籍 奈落の銀次始末帖 文芸

著者: 本庄慧一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

奈落の銀次始末帖 夢追い川暮色 あらすじ・内容

江戸堺町にある中村座の廻り舞台を操作する銀次は奈落番と呼ばれていたが、じつは歴とした美濃郡上藩の侍。郡上一揆で理不尽な役人たちと争い、脱藩に追いこめられたのだ。江戸に出た銀次は、か弱き庶民を助けるために裏の世界で生きることになったのだが…

この作品を共有

「奈落の銀次始末帖」最新刊

日本橋堺町の芝居小屋で奈落番として働く銀次。元侍だったが、百姓一揆に絡んで同僚を斬り出府。そんな銀次のもとへ、上州から江戸に逃れてきた兄妹が現れる。銀次は上田藩浪人・相良伝蔵の助力を得て、二人を狙う悪党を斬るが、その裏にはさらなる巨悪が…

「奈落の銀次始末帖」作品一覧

(2冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

江戸堺町にある中村座の廻り舞台を操作する銀次は奈落番と呼ばれていたが、じつは歴とした美濃郡上藩の侍。郡上一揆で理不尽な役人たちと争い、脱藩に追いこめられたのだ。江戸に出た銀次は、か弱き庶民を助けるために裏の世界で生きることになったのだが…

日本橋堺町の芝居小屋で奈落番として働く銀次。元侍だったが、百姓一揆に絡んで同僚を斬り出府。そんな銀次のもとへ、上州から江戸に逃れてきた兄妹が現れる。銀次は上田藩浪人・相良伝蔵の助力を得て、二人を狙う悪党を斬るが、その裏にはさらなる巨悪が…

「奈落の銀次始末帖」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説
ページ数
243ページ (奈落の銀次始末帖 夢追い川暮色)
配信開始日
2015年3月18日 (奈落の銀次始末帖 夢追い川暮色)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad