電子書籍 知らなくていいこと 文芸・小説

著: 青笹慶彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

知らなくていいこと(1) あらすじ・内容

地元の肉屋に体験実習にきた佳恵とクラスメイトたち。その店の奥に「あかずの扉」と呼ばれる冷凍庫があることを知る。しかし、店員の誰に聞いてもその存在を認めようとしない。不信感を募らせるなか、ある日突然店の従業員が行方不明に。4人は「あかずの扉」を開けるため、深夜、店に集まった。

この作品を共有

「知らなくていいこと」最新刊

地元の肉屋で体験実習をする高校生4人組。店の奥には「あかずの扉」と呼ばれる冷凍庫が。人間の欲深さを目の当たりにする。第4巻

「知らなくていいこと」作品一覧

(4冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

地元の肉屋に体験実習にきた佳恵とクラスメイトたち。その店の奥に「あかずの扉」と呼ばれる冷凍庫があることを知る。しかし、店員の誰に聞いてもその存在を認めようとしない。不信感を募らせるなか、ある日突然店の従業員が行方不明に。4人は「あかずの扉」を開けるため、深夜、店に集まった。

「あかずの扉」を開けるため、深夜、店に集まった佳恵たち。予想以上に大きくて頑丈な扉をあけると、なかには米軍の軍服と軍人の遺体が。ここは死体置き場だったのか!? 足元にはいくつものスーツケースが。そのケースに貼られたメモのとおりにダイヤルを回すと……。

スーツケースに貼られたメモどおりにダイヤルを回すと、4人は空間移動したように別の場所にたどり着いた。そこはベトナムの町。戦争の時代。現代の格好のまま、右も左もわからず進んでいくと、現地の人にまぎれている肉屋の店員を見つける。その手には死んだ牛が……。いっぽう、ふと目を離した瞬間、さなえの姿が消える。

「知らなくていいこと」の作品情報

レーベル
――
出版社
ブリジットブックス
ジャンル
文芸・小説 SF
ページ数
53ページ (知らなくていいこと(1))
配信開始日
2015年3月27日 (知らなくていいこと(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad