電子書籍 日経コミュニケーション専門記者Report 実用

著者: 堀越功  編集: 日経コミュニケーション 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

携帯電話事業者の砦 SIMの秘密10(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report(1) あらすじ・内容

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(1)
本書の平均読了時間約22分(13,300字)
 格安スマホのブームによって、目にする機会が増えてきたSIMカード。モバイル事業者にとってSIMカードは、ユーザーと事業者を結び、ビジネスの土台となる極めて重要な存在だ。
 このようなSIMカードが相次ぐ環境変化によって揺らいでいる。これまでモバイル事業者が特権的に扱ってきたSIMカードが、他のプレーヤーによって侵食される可能性が出てきたからだ。
 知られざるSIMの秘密に迫り、今後の市場への影響を分析する。
※本書は日経コミュニケーション2015年2月号の特集記事「SIMは誰のもの」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
PART1 Q&A
PART2 SIMは誰のもの?
PART3 Apple SIMがもたらす波紋

この作品を共有

「日経コミュニケーション専門記者Report」最新刊

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(10)
本書の平均読了時間約28分(17,000字)
 長らく期待されながら、低空飛行を続けていたMVNO(仮想移動体通信事業者)が「格安SIM」「格安スマホ」でブレークしつつある。硬直化した携帯電話各社の料金プランの隙を突き、新市場を切り開いた形だ。
 一方、携帯電話各社も料金プランの見直しに乗り出し、市場のニーズに応えようとしている。
 MVNOが担うべき真の付加価値とは何か。“格安”の次を見据えた、MVNOの新たな挑戦が始まる。
※本書は日経コミュニケーション2014年5月号の特集記事「ケータイ料金を破壊する格安SIM」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
[プロローグ]「月900円」が起爆剤 携帯料金に新風巻き起こす
[MVNOの仕組みを知る]帯域幅課金が格安SIMの鍵 ポリシー制御で付加価値も
[制度の動向を知る]レイヤー2接続はほぼ当たり前に さらなる設備開放で競争を促進

「日経コミュニケーション専門記者Report」作品一覧

(10冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(1)
本書の平均読了時間約22分(13,300字)
 格安スマホのブームによって、目にする機会が増えてきたSIMカード。モバイル事業者にとってSIMカードは、ユーザーと事業者を結び、ビジネスの土台となる極めて重要な存在だ。
 このようなSIMカードが相次ぐ環境変化によって揺らいでいる。これまでモバイル事業者が特権的に扱ってきたSIMカードが、他のプレーヤーによって侵食される可能性が出てきたからだ。
 知られざるSIMの秘密に迫り、今後の市場への影響を分析する。
※本書は日経コミュニケーション2015年2月号の特集記事「SIMは誰のもの」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
PART1 Q&A
PART2 SIMは誰のもの?
PART3 Apple SIMがもたらす波紋

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(2)
本書の平均読了時間約20分(12,200字)
 海外ICT企業の相次ぐ買収で世界戦略を進めるNTT。国内通信事業が苦戦を強いられる中、グローバルクラウド事業を今後の成長の柱に据える。
 目指すは「脱・通信会社」。
 2007年度に20億ドル規模だった海外売上高は2011年度に100億ドルを突破。2016年度には200億ドル規模に拡大する構想を描く。はたして世界のICT大手と伍していけるのか。
 NTTの勝算と課題を探った。
※本書は日経コミュニケーション2015年1月号の特集記事「NTTの世界戦略」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
プロローグ
[現状把握]グループで各社各様の戦略も、クロスセルで成長にてごたえ
[課題分析] 上位レイヤーの強みが不足、ガバナンスの強化も道半ば

「日経情報コミュニケーション」専門記者の企業ネット・通信業界レポート(3)
本書の平均読了時間約32分(19,000字)
 商業施設の来店客や観光客などに向けた、無料のWi-Fi(無線LAN)サービスの整備が活気付いている。施設の魅力を高めて消費者の購買行動を刺激するほか、年間1000万人を超えた訪日外国人を取り込む狙いだ。
 一方で狙った効果が出ず、顧客満足度も低く、サービスを見直す先例も出てきた。支持されているのは、人を集める求心力を持つ「ITのオアシス」ともいうべき、的確な情報発信や独自性のあるサービス。
 利用シーンに合ったネット接続の機能と使い勝手にも力を注いでいる。大きな集客力を生み出す無料Wi-Fiサービスの先行事例とそのノウハウを紹介する。
※本書は日経コミュニケーション2014年12月号の特集記事「無料Wi-Fi活用」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
[プロローグ]ヒトとモノを動かせ、施設や地域に“磁場”を作る
[事例編]「ここだけ」のサービスで先行、独自性と利便性が集客の鍵
[ノウハウ編] 安く・早く・価値を生む、サービスを成功に導く投資術

「日経コミュニケーション専門記者Report」の作品情報

レーベル
――
出版社
日経BP社
ジャンル
実用
ページ数
47ページ (携帯電話事業者の砦 SIMの秘密10(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report(1))
配信開始日
2015年4月3日 (携帯電話事業者の砦 SIMの秘密10(日経BP Next ICT選書) 日経コミュニケーション専門記者Report(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad