電子書籍 ハレルヤ・ヴァンプ(電撃文庫) ラノベ

著者: 山口幸三郎  イラスト: がおう 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ハレルヤ・ヴァンプ あらすじ・内容

狩られる者と狩る者。吸血姫と吸血鬼狩りの、奇妙な契約が今交わされた。

吸血鬼狩り(ハンター)見習いの高校生晴夜は、ある夜道に迷った少女テアを助ける。だがその翌日、彼は仲間と共に吸血鬼に襲われ、命を奪われてしまう ──。 次に目覚めた時、晴夜は無傷だった。不審に思う晴夜に、テアは告げる。「この牙で晴夜の体内にわたしの血を与えたわけです」 この日から、吸血鬼狩りでありながら吸血鬼となった晴夜と、仲間からも人間からも追われる吸血姫テアとの奇妙な主従関係が始まった ──!

この作品を共有

「ハレルヤ・ヴァンプ(電撃文庫)」最新刊

森星学園がなくなり、行く宛てを失くした吸血姫テアと眷属の少年晴夜。二人は吸血鬼グリオにいざなわれ、スペインにある彼の居城へと向かう。 そこでは、晴夜たちと同じく行き場の無い人外たちが、グリオに保護され平穏に暮らしていた。晴夜は、自分たちを温かく受け入れてくれた城の住人たちを守りたいと強く思う。 そんな中、教会から派遣された聖殲士の一人、カムラが城を強襲。これを皮切りに、人外と教会との壮絶な戦いが幕を開ける。 物語はクライマックスへ――!

「ハレルヤ・ヴァンプ(電撃文庫)」作品一覧

(3冊)

590円〜670円(+税)

まとめてカート

吸血鬼狩り(ハンター)見習いの高校生晴夜は、ある夜道に迷った少女テアを助ける。だがその翌日、彼は仲間と共に吸血鬼に襲われ、命を奪われてしまう ──。 次に目覚めた時、晴夜は無傷だった。不審に思う晴夜に、テアは告げる。「この牙で晴夜の体内にわたしの血を与えたわけです」 この日から、吸血鬼狩りでありながら吸血鬼となった晴夜と、仲間からも人間からも追われる吸血姫テアとの奇妙な主従関係が始まった ──!

ハンター見習いでありながら、吸血姫テアの眷属となった高校生の晴夜。人からも仲間からも追われる始祖の姫君であるテアと共に、学園内の隠し部屋で日々を過ごしていた。人間に戻りたいという晴夜の言葉に、リライラをはじめとする生徒会のメンバーとの関係も、均衡状態にあった。だが、とうとう晴夜は、耐えがたい喉の渇きに気づく。そんな彼の前に、死んだはずの後輩・エンマが現れる。喜びも束の間、なぜか彼女は晴夜に襲いかかり──? 血の衝動で日常が綻び始める ── 虚空の闇で密かに狂い咲く、学園ヴァンパイア・アクション!

森星学園がなくなり、行く宛てを失くした吸血姫テアと眷属の少年晴夜。二人は吸血鬼グリオにいざなわれ、スペインにある彼の居城へと向かう。 そこでは、晴夜たちと同じく行き場の無い人外たちが、グリオに保護され平穏に暮らしていた。晴夜は、自分たちを温かく受け入れてくれた城の住人たちを守りたいと強く思う。 そんな中、教会から派遣された聖殲士の一人、カムラが城を強襲。これを皮切りに、人外と教会との壮絶な戦いが幕を開ける。 物語はクライマックスへ――!

「ハレルヤ・ヴァンプ(電撃文庫)」の作品情報

レーベル
電撃文庫
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
326ページ (ハレルヤ・ヴァンプ)
配信開始日
2015年4月23日 (ハレルヤ・ヴァンプ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad