電子書籍 姫君と三匹の獣 マンガ

完結
著: ミユキ蜜蜂 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

姫君と三匹の獣 1巻 あらすじ・内容

アルバフォレスト王国の王宮に送り付けられた、一通の予告状。それは、亡き国王が愛娘バイオレットに遺した最後の財宝を狙う物だった。その送り主で“三獣士”と呼ばれる盗賊団、鴉・ルナール・朽縄の三人は、バイオレットに近付き、宝の在処を知ろうとするのだが──!?

この作品を共有
  

「姫君と三匹の獣」最新刊

森羅万象の王宝“百宝(ひゃくほう)の王”を探し求め、フェルグス大陸へ辿り着いたバイオレットと三獣士。その地で鴉の過去を知る人物と出会い、幻の毒草“銀染花”の秘密が明らかに! そして、バイオレットと鴉の関係も少しずつ近づいて!? 王女と盗賊のアドベンチャーロマン、完結巻!!

「姫君と三匹の獣」作品一覧

(4冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

アルバフォレスト王国の王宮に送り付けられた、一通の予告状。それは、亡き国王が愛娘バイオレットに遺した最後の財宝を狙う物だった。その送り主で“三獣士”と呼ばれる盗賊団、鴉・ルナール・朽縄の三人は、バイオレットに近付き、宝の在処を知ろうとするのだが──!?

三獣士の次なる獲物は“翡翠の指輪”。しかし、忍び込んだ先で無法集団ハルベルトのクロノスに襲撃され、弾みで指輪は川の中へ…。仕事が失敗し、互いへの不満が噴出した三人を仲直りさせるため、バイオレットは、絆を固める力を持つと言われる“七色の石”を探すのだが!?

三獣士が狙う次なる獲物はディオール美術館所蔵の“名なしの少女”と呼ばれる絵画。首尾よく盗み出したまでは良かったのだが、美術館側の追手がバイオレット諸共、問答無用に襲いかかってきた。その時、アルバフォレスト王国の重臣・シドが現れて…!?

「姫君と三匹の獣」の作品情報

レーベル
ザ花とゆめ
出版社
白泉社
ジャンル
マンガ 女性向け 完結 少女マンガ ファンタジー ザ花とゆめ
ページ数
190ページ (姫君と三匹の獣 1巻)
配信開始日
2015年4月11日 (姫君と三匹の獣 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad