電子書籍 ウィザード・バリスターズ ラノベ

著者: 梅津泰臣  著者: 伊藤美智子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル The Beginning あらすじ・内容

「本当はセシルのこと……どう思っていたの?」
十七歳で最年少弁魔士となった須藤聖知(すどうせしる)は、
「バタフライ法律事務所」の所員たちとボストンへ研修旅行に出かけていた。
上司の計らいで穂樽夏菜(ほたるなつな)と共にカナダの実家へ帰るセシルだったが、
部屋に飾ってあった一枚の懐かしい写真を見つける。
一緒に写っている男の子の名は小田青空(おだあくあ)。
日本の小学校に転入してきた時に出会い仲良くなったが、今ではもう会うことすら叶わない。
彼の名を小さく呟き、セシルは幼い日のことをゆっくりと思い出していく―――。
セシルの淡い初恋や家族愛を描き、
セシルの秘密に迫ったノベル版完全オリジナルストーリー。

この作品を共有

「ウィザード・バリスターズ」最新刊

「本当はセシルのこと……どう思っていたの?」
十七歳で最年少弁魔士となった須藤聖知(すどうせしる)は、
「バタフライ法律事務所」の所員たちとボストンへ研修旅行に出かけていた。
上司の計らいで穂樽夏菜(ほたるなつな)と共にカナダの実家へ帰るセシルだったが、
部屋に飾ってあった一枚の懐かしい写真を見つける。
一緒に写っている男の子の名は小田青空(おだあくあ)。
日本の小学校に転入してきた時に出会い仲良くなったが、今ではもう会うことすら叶わない。
彼の名を小さく呟き、セシルは幼い日のことをゆっくりと思い出していく―――。
セシルの淡い初恋や家族愛を描き、
セシルの秘密に迫ったノベル版完全オリジナルストーリー。

「ウィザード・バリスターズ」の作品情報

レーベル
ぽにきゃんBOOKS
出版社
ポニーキャニオン
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
263ページ (ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル The Beginning)
配信開始日
2015年6月10日 (ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル The Beginning)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad