電子書籍 猫弾きのオルオラネ 文芸

著者: 夢枕獏 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

そして夢雪蝶は光のなか -猫弾きのオルオラネ- あらすじ・内容

不思議な老人と猫をめぐる物語を抒情豊かに描きあげ、夢枕獏の原点と称される、ロマンチックファンタジイ。

ぼくが初めてオルオラネ爺さんに会ったのは、初雪が降ったある冬の晩のことだった。酒好きな三匹の猫を連れ、もしゃもしゃっとした髪も、長いあごひげもまっ白なその老人は猫たちを楽器のようにつま弾き、美しい妙なる調べで、人々の心を魅了してゆく。不思議な老人と猫をめぐる物語を抒情豊かに描きあげ、夢枕獏の原点と称される、ロマンチックファンタジイ。

この作品を共有

「猫弾きのオルオラネ」最新刊

ぼくが初めてオルオラネ爺さんに会ったのは、初雪が降ったある冬の晩のことだった。酒好きな三匹の猫を連れ、もしゃもしゃっとした髪も、長いあごひげもまっ白なその老人は猫たちを楽器のようにつま弾き、美しい妙なる調べで、人々の心を魅了してゆく。不思議な老人と猫をめぐる物語を抒情豊かに描きあげ、夢枕獏の原点と称される、ロマンチックファンタジイ。

「猫弾きのオルオラネ」作品一覧

(2冊)

各286円 (+税)

まとめてカート

ぼくが初めてオルオラネ爺さんに会ったのは、初雪が降ったある冬の晩のことだった。酒好きな三匹の猫を連れ、もしゃもしゃっとした髪も、長いあごひげもまっ白なその老人は猫たちを楽器のようにつま弾き、美しい妙なる調べで、人々の心を魅了してゆく。不思議な老人と猫をめぐる物語を抒情豊かに描きあげ、夢枕獏の原点と称される、ロマンチックファンタジイ。

ぼくが初めてオルオラネ爺さんに会ったのは、初雪が降ったある冬の晩のことだった。酒好きな三匹の猫を連れ、もしゃもしゃっとした髪も、長いあごひげもまっ白なその老人は猫たちを楽器のようにつま弾き、美しい妙なる調べで、人々の心を魅了してゆく。不思議な老人と猫をめぐる物語を抒情豊かに描きあげ、夢枕獏の原点と称される、ロマンチックファンタジイ。

「猫弾きのオルオラネ」の作品情報

レーベル
――
出版社
クリーク・アンド・リバー社
ジャンル
文芸
ページ数
173ページ (そして夢雪蝶は光のなか -猫弾きのオルオラネ-)
配信開始日
2015年6月10日 (そして夢雪蝶は光のなか -猫弾きのオルオラネ-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad