電子書籍 イティハーサ(クリーク・アンド・リバー社) マンガ

完結
著者: 水樹和佳子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

イティハーサ(1) あらすじ・内容

約一万二千年前、人が神と接することのできた古代の日本を舞台に描く、SF大河ロマン。電子書籍のみの描き下ろしイラストとサイン付き!

人はなぜ神を求めるのか。約一万二千年前、人が神と接することのできた古代の日本。ある村に暮らす少年・鷹野(たかや)は、捨てられた赤子を拾った。
赤子はとおこと名づけられ鷹野の妹として育てられた。とおこが七歳になったある日、村は邪悪な威神(いしん)の徒党に襲われる。生き残ったのは鷹野ととおこ、そして青年・青比古の3人。彼らは威神と対立する、亞神(あしん)の信奉者たちと出会い…――SF大河ロマン堂々開幕!  巻末には、オリジナルコンテンツを収録! 電子書籍のみの描き下ろしイラストとサイン付き!

この作品を共有
  

「イティハーサ(クリーク・アンド・リバー社)」最新刊

空子都に、「とおことともに不二を去る」と告げた鷹野。威神と亞神――鬼幽と天音、最後の戦いの幕が切って落とされた!! ……人はどこから来てどこへゆくのか、なぜ世界はこのような形なのか、大いなる謎の答えが明らかになるSF大河ロマン、感動の終焉!(電子書籍版あとがき収録)  巻末には、オリジナルコンテンツを収録! 電子書籍のみの描き下ろしイラストとサイン付き!

「イティハーサ(クリーク・アンド・リバー社)」作品一覧

(15冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

人はなぜ神を求めるのか。約一万二千年前、人が神と接することのできた古代の日本。ある村に暮らす少年・鷹野(たかや)は、捨てられた赤子を拾った。
赤子はとおこと名づけられ鷹野の妹として育てられた。とおこが七歳になったある日、村は邪悪な威神(いしん)の徒党に襲われる。生き残ったのは鷹野ととおこ、そして青年・青比古の3人。彼らは威神と対立する、亞神(あしん)の信奉者たちと出会い…――SF大河ロマン堂々開幕!  巻末には、オリジナルコンテンツを収録! 電子書籍のみの描き下ろしイラストとサイン付き!

不死身の威神、亞神は歳を取ることもないし、食べ物さえ必要としない。神々同士が戦うなか、桂たち亞神の徒は正法神・律尊の結界に守られながら戦っていた。威神が目に見えぬ神々の知識を欲しているなら、鷹野たちはかっこうの餌食となる。だが、人を殺めることをしない青比古は、彼らと行動をともにするのを嫌がるが、鷹野はとおこを守ることのできる力が欲しいという。また、青比古は、目に見えぬ神々が授けた「剣」の意味に疑問を持つ……。  巻末には、オリジナルコンテンツを収録! 電子書籍のみの描き下ろしイラストとサイン付き!

離れ威神に操られた狐摩(こま)たちにいたぶられた鷹夜と崖から落ちた青比古は深手の重症を負った。とおこの真言告で回復した鷹野たちは、亞神の信奉者たちと旅を続け、古き神の知恵を伝える隠者・弥仙(みせん)に出会った。とおこの過去と、その分身の存在が、弥仙の力で明らかになり、彼女は衝撃を受ける!  巻末には、オリジナルコンテンツを収録! 電子書籍のみの描き下ろしイラストとサイン付き!

「イティハーサ(クリーク・アンド・リバー社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
クリーク・アンド・リバー社
ジャンル
マンガ 完結
ページ数
218ページ (イティハーサ(1))
配信開始日
2015年6月10日 (イティハーサ(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad