電子書籍 ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ 実用

著者: 山本朋史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ あらすじ・内容

スクープ記者が60歳を超え、物忘れが多くなり、「ボケの始まりか」と不安になった。大学病院の「もの忘れ外来」の門をたたく。そこから診断、数々の早期治療、患者たちとの交流と、体当たりで実体験する渾身のルポルタージュ。

この作品を共有

「ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ」最新刊

スクープ記者が60歳を超え、物忘れが多くなり、「ボケの始まりか」と不安になった。大学病院の「もの忘れ外来」の門をたたく。そこから診断、数々の早期治療、患者たちとの交流と、体当たりで実体験する渾身のルポルタージュ。

「ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 暮らし・健康・子育て 医学・薬学
ページ数
213ページ (ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ)
配信開始日
2015年6月26日 (ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad