電子書籍 かぶき平八郎荒事始(二見時代小説文庫) 文芸

著: 麻倉一矢 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

かぶき平八郎荒事始 残月二段斬り あらすじ・内容

時代小説に新風!元幕臣の豊島平八郎、溝口派一刀流の凄腕で市川團十郎の殺陣師に。新御番役勤め二百石の幕臣・豊島平八郎は、大奥大年寄の姉絵島が巻きこまれた「絵島生島事件」により重追放の罪を得て会津に逃れ、八年ぶりに赦免されて江戸に戻った。事件の真相を探るうち、八代将軍吉宗らの巨大な陰謀が見えてくる。溝口派一刀流の凄腕を買われて二代目市川團十郎の殺陣師となった平八郎は……。

この作品を共有

「かぶき平八郎荒事始(二見時代小説文庫)」最新刊

元二百石の幕臣で今は凄腕の殺陣師、豊島平八郎甲府藩への幕府の策謀。藩主吉里は秘策を以て平八郎らと共に反撃!五代将軍からの「お墨付き」を巡り幕府と甲府藩の暗闘。元幕臣で殺陣師の平八郎は、秘かに尾張藩の助力も得て将軍吉宗の御庭番らと対決。白い裸身の女が月光に浮かびあがっていた。甲斐の国、大月宿外れの湯治場である。元幕臣で今は中村座の殺陣師、豊島平八郎に、甲府藩主・柳沢吉里に仕えるという女は、藩の存亡を左右する書き付を江戸藩邸まで届けてほしいという、平八郎も知る藩重臣の頼みを伝えた。やがて平八郎に迫る将軍吉宗の御庭番らの影。

「かぶき平八郎荒事始(二見時代小説文庫)」作品一覧

(2冊)

各700円 (+税)

まとめてカート

時代小説に新風!元幕臣の豊島平八郎、溝口派一刀流の凄腕で市川團十郎の殺陣師に。新御番役勤め二百石の幕臣・豊島平八郎は、大奥大年寄の姉絵島が巻きこまれた「絵島生島事件」により重追放の罪を得て会津に逃れ、八年ぶりに赦免されて江戸に戻った。事件の真相を探るうち、八代将軍吉宗らの巨大な陰謀が見えてくる。溝口派一刀流の凄腕を買われて二代目市川團十郎の殺陣師となった平八郎は……。

元二百石の幕臣で今は凄腕の殺陣師、豊島平八郎甲府藩への幕府の策謀。藩主吉里は秘策を以て平八郎らと共に反撃!五代将軍からの「お墨付き」を巡り幕府と甲府藩の暗闘。元幕臣で殺陣師の平八郎は、秘かに尾張藩の助力も得て将軍吉宗の御庭番らと対決。白い裸身の女が月光に浮かびあがっていた。甲斐の国、大月宿外れの湯治場である。元幕臣で今は中村座の殺陣師、豊島平八郎に、甲府藩主・柳沢吉里に仕えるという女は、藩の存亡を左右する書き付を江戸藩邸まで届けてほしいという、平八郎も知る藩重臣の頼みを伝えた。やがて平八郎に迫る将軍吉宗の御庭番らの影。

「かぶき平八郎荒事始(二見時代小説文庫)」の作品情報

レーベル
二見時代小説文庫
出版社
二見書房
ジャンル
文芸 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
332ページ (かぶき平八郎荒事始 残月二段斬り)
配信開始日
2014年11月1日 (かぶき平八郎荒事始 残月二段斬り)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad