電子書籍 「鬼島平八郎」シリーズ マンガ

著者: 鍋島雅治  著者: 池辺かつみ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鬼島平八郎(1) あらすじ・内容

たとえ相手が誰であれ巨悪は斬る!!
鬼島平八郎
幾多の職を経た後、司法試験に合格。検事に任官する。
強引とも言える捜査手法で「眠らぬ鬼」との異名をとる、
巨悪に臆する事なく挑む凄腕の特捜部部長である。

この作品を共有
  

「「鬼島平八郎」シリーズ」最新刊

たとえ相手が誰であれ巨悪は斬る!!
鬼島平八郎
幾多の職を経た後、司法試験に合格。検事に任官する。
強引とも言える捜査手法で「眠らぬ鬼」との異名をとる、
巨悪に臆する事なく挑む凄腕の特捜部部長である。

「「鬼島平八郎」シリーズ」作品一覧

(6冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

たとえ相手が誰であれ巨悪は斬る!!
鬼島平八郎
幾多の職を経た後、司法試験に合格。検事に任官する。
強引とも言える捜査手法で「眠らぬ鬼」との異名をとる、
巨悪に臆する事なく挑む凄腕の特捜部部長である。

たとえ相手が誰であれ巨悪は斬る!!
鬼島平八郎
幾多の職を経た後、司法試験に合格。検事に任官する。
強引とも言える捜査手法で「眠らぬ鬼」との異名をとる、
巨悪に臆する事なく挑む凄腕の特捜部部長である。

たとえ相手が誰であれ巨悪は斬る!!
鬼島平八郎
幾多の職を経た後、司法試験に合格。検事に任官する。
強引とも言える捜査手法で「眠らぬ鬼」との異名をとる、
巨悪に臆する事なく挑む凄腕の特捜部部長である。

「「鬼島平八郎」シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
ゴマブックス
ジャンル
マンガ
ページ数
203ページ (鬼島平八郎(1))
配信開始日
2015年7月1日 (鬼島平八郎(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad