電子書籍 黒字経営のシナリオ(TKC出版) 実用

著: 齋藤保幸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

黒字経営のシナリオ あらすじ・内容

「今の状況を正確に、早く知っていただき(現状把握)、このまま行ったらどうなるのか(将来予測)をお知らせし、社長の考えている打ち手を引き出し、それを数値化し、こうやったらこうなるという姿を繰り返し納得するまでお見せする(経営シミュレーション)。」税理士として30年の間、1人でも多くの社長が数字を読めるようになってほしい。そして会社を発展させてほしいと願い、会計の力を信じ、「会計」という道具を社長自らが使えるように指導してきた著者が、実務経験を基に「経営に役立つ会計」を経営者向けにやさしく解説。金融機関の融資スタイルの変化により中小企業の黒字経営が求められる中、会計から経営を読み解き「会計」の力をもって計画的な経営を行い、事業のさらなる発展につなげたい経営者、その経営パートナーとして業務を行っている税理士、これから税理士を目指される方等の必読書。

この作品を共有

「黒字経営のシナリオ(TKC出版)」最新刊

「今の状況を正確に、早く知っていただき(現状把握)、このまま行ったらどうなるのか(将来予測)をお知らせし、社長の考えている打ち手を引き出し、それを数値化し、こうやったらこうなるという姿を繰り返し納得するまでお見せする(経営シミュレーション)。」税理士として30年の間、1人でも多くの社長が数字を読めるようになってほしい。そして会社を発展させてほしいと願い、会計の力を信じ、「会計」という道具を社長自らが使えるように指導してきた著者が、実務経験を基に「経営に役立つ会計」を経営者向けにやさしく解説。金融機関の融資スタイルの変化により中小企業の黒字経営が求められる中、会計から経営を読み解き「会計」の力をもって計画的な経営を行い、事業のさらなる発展につなげたい経営者、その経営パートナーとして業務を行っている税理士、これから税理士を目指される方等の必読書。

「黒字経営のシナリオ(TKC出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
TKC出版
ジャンル
実用 ビジネス
ページ数
125ページ (黒字経営のシナリオ)
配信開始日
2015年7月10日 (黒字経営のシナリオ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad