電子書籍 妖怪センセの京怪図巻(富士見L文庫) 文芸・小説

著者: 朝戸麻央  イラスト: ろくしょう 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ あらすじ・内容

「怖がらないであげて。彼らはね、あわいものなんだよ」

妖怪絵を得意とする絵師、安心院多聞。その絵はまるで生きているようだと評されるが、それもそのはず。彼が使う筆には秘密があって――。いまも生まれる“妖怪(あわいもの)”。その一瞬の邂逅を、絵筆で切り取る。

この作品を共有

「妖怪センセの京怪図巻(富士見L文庫)」最新刊

妖怪絵を得意とする絵師、安心院多聞。その絵はまるで生きているようだと評されるが、それもそのはず。彼が使う筆には秘密があって――。いまも生まれる“妖怪(あわいもの)”。その一瞬の邂逅を、絵筆で切り取る。

「妖怪センセの京怪図巻(富士見L文庫)」の作品情報

レーベル
富士見L文庫
出版社
KADOKAWA / 富士見書房
ジャンル
文芸・小説 キャラ文芸
ページ数
363ページ (妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ)
配信開始日
2015年7月15日 (妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad