電子書籍 独身が最高? 文芸

著者: ジョーン・エリオット・ピカート  翻訳者: 文月菜緒 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

眠れる美女が目覚めたら あらすじ・内容

テイラー・シンクレアはブティックの入口でとまどっていた。女性のお城のような店。男が気楽に入れる場所ではない。セクシーなテディ。サテンのネグリジェ。いたるところレースとフリルでいっぱいだ。「なにかお探しですか?」大ぶりの黒縁眼鏡の女性が尋ねた。これがミズ・ジャニス・ジェニングズか。とても美人だが、それでいて美人じゃないと言われている。繊細な顎のライン、つぶらな青い瞳、キスを誘うような唇。実際すごい美人なのに、おばあさんみたいな服と靴だ。「ええと、あなたの新しい会計士です。少しお話が…」「お話ってなにかしら?」その声はかすかに震えていた。テイラーは体が熱く火照りだすのを感じた。

この作品を共有

「独身が最高?」最新刊

ブランドン・ハミルトンはほくほくしながら、
ホテルのロビーを見渡していた。
これで、あとミズ・アンドレア・カニンガムが来れば、
この休暇中、ハミルトン・ハウスは満室になる。
改装してから初めての休暇で満室になるなんて、上出来じゃないか。
そのとき、ふと正面のドアを見たブランドンは目を疑った。
全身びしょ濡れで、今にも倒れそうな女性がロビーに入ってきたのだ。
あれがもしや、ミズ・カニンガムか?
休暇中だというのに顔には笑みも浮かべず、
刻々とふくらむ怒りを全身から発散させている。
「ああ、なんてことだ」そうつぶやいて彼が駆け寄ったとたん、
女性はその場で気を失った……。

「独身が最高?」作品一覧

(2冊)

500円〜600円(+税)

まとめてカート

テイラー・シンクレアはブティックの入口でとまどっていた。女性のお城のような店。男が気楽に入れる場所ではない。セクシーなテディ。サテンのネグリジェ。いたるところレースとフリルでいっぱいだ。「なにかお探しですか?」大ぶりの黒縁眼鏡の女性が尋ねた。これがミズ・ジャニス・ジェニングズか。とても美人だが、それでいて美人じゃないと言われている。繊細な顎のライン、つぶらな青い瞳、キスを誘うような唇。実際すごい美人なのに、おばあさんみたいな服と靴だ。「ええと、あなたの新しい会計士です。少しお話が…」「お話ってなにかしら?」その声はかすかに震えていた。テイラーは体が熱く火照りだすのを感じた。

ブランドン・ハミルトンはほくほくしながら、
ホテルのロビーを見渡していた。
これで、あとミズ・アンドレア・カニンガムが来れば、
この休暇中、ハミルトン・ハウスは満室になる。
改装してから初めての休暇で満室になるなんて、上出来じゃないか。
そのとき、ふと正面のドアを見たブランドンは目を疑った。
全身びしょ濡れで、今にも倒れそうな女性がロビーに入ってきたのだ。
あれがもしや、ミズ・カニンガムか?
休暇中だというのに顔には笑みも浮かべず、
刻々とふくらむ怒りを全身から発散させている。
「ああ、なんてことだ」そうつぶやいて彼が駆け寄ったとたん、
女性はその場で気を失った……。

「独身が最高?」の作品情報

レーベル
シルエット・スペシャル・エディション
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸
ページ数
221ページ (眠れる美女が目覚めたら)
配信開始日
2015年7月23日 (眠れる美女が目覚めたら)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad