電子書籍 はだしの天使 マンガ

完結
著: さがわれん  原案: 脇坂友美 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

はだしの天使1巻 あらすじ・内容

脇坂友美は難産の末に元気な長男・ユウタを出産した。ユウタが1歳になった頃、友美はユウタが名前を呼んでも振り向かない、自分たちの顔を見ようともしないのに不安を感じるようになった。看護師である友人に勧められ、専門の医療機関で診察をしてもらったところ、ユウタは「精神遅滞を伴う小児自閉症」と診断された──。自閉症児の成長と母子の絆を描く感動の実体験コミック!!

この作品を共有
  

「はだしの天使」最新刊

自閉症の長男・ユウタは地元の公立小・中学に通い、公立高校を卒業して専門学校へ進学した。そして、二十歳を迎えたユウタの就職活動が始まった。「地域で健常者とともに生きる」ために呼びかけと活動を繰り返してきた母親・友美は社会の厳しさと現実に直面しながらユウタの自立を支援した。自閉症児とその母親の奮闘を描いた感動シリーズ、涙の完結編!!

「はだしの天使」作品一覧

(9冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

脇坂友美は難産の末に元気な長男・ユウタを出産した。ユウタが1歳になった頃、友美はユウタが名前を呼んでも振り向かない、自分たちの顔を見ようともしないのに不安を感じるようになった。看護師である友人に勧められ、専門の医療機関で診察をしてもらったところ、ユウタは「精神遅滞を伴う小児自閉症」と診断された──。自閉症児の成長と母子の絆を描く感動の実体験コミック!!

自閉症児の長男・ユウタの母親・脇坂友美は、市役所の相談員と話し合い、ユウタを知的障害児のための通所施設「赤い実学園」に通わせることに決めた。施設での単調な「訓練」に疑問を感じつつ、水に興味があるユウタをスイミングスクールに入れたことで、「赤い実学園」の訓練の中からの学びとは違うユウタの成長を感じるようになった友美は、次第に「自閉症児の教育」について考え始めた。

ユウタがどこより喜んで通うスイミングスクールで、友美は数人の親子グループと親しくなる。健常児も障害のある子供も一緒に育てばいいという彼らの考え方に触れ、友美は「地域で子育てをする」意識を持つようになる。一方、「赤い実学園」では新任の山路先生が新しい担任となった。健常児と比べるのではなく、ユウタの個性を認め、真剣にユウタに向き合ってくれる彼女の姿から、友美は母親としての自分の姿勢を見つめ直すのだった。

「はだしの天使」の作品情報

レーベル
――
出版社
ぶんか社
ジャンル
マンガ 完結 女性向け 女性マンガ
ページ数
167ページ (はだしの天使1巻)
配信開始日
2015年11月19日 (はだしの天使1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad