電子書籍 ゲート外伝―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ラノベ

著: 柳内たくみ  イラスト: 黒獅子 
みんなの★
4.6

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ゲート外伝1<上> 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり<南海漂流編> あらすじ・内容

『門』封鎖から五ヶ月――『特地』で孤立した自衛隊が食糧・燃料不足など諸問題の対応に追われるなか、帝国の国力低下に伴い、辺境各地では紛争が頻発していた。この状況を打開するため、帝国と日本は合同使節団を紛争国に派遣することを決定する。ところがその道中、使節団を乗せた大型船が座礁し、皇太女ピニャと護衛の自衛官伊丹の二人が、大海原へ放り出されてしまう!

この作品を共有

「ゲート外伝―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」作品一覧

(8冊)

各660(税込)

まとめてカート

自衛隊がアルヌスで主催するイベントは、ついに十数万人が集う一大フェスティバル『大祭典』へと発展した。実行委員伊丹の活躍もあり、日本食屋台、アトラクション、曲芸飛行……ありとあらゆる見世物が大盛況に! ところがクライマックスとなる結婚式当日、ロゥリィとの古き因縁を抱えた亜神メイベルが、伝説の宝剣を携え姿を現す。熾烈な戦場と化した大祭典の結末は――!?

死んだはずの父の消息を知らされ、探索の旅に出ることを決意したエルフの娘テュカ。飛竜に乗って北の辺境に赴こうとするも、同行者の自衛官・伊丹耀司は極度の高所恐怖症だった……。その恐怖を禁断の魔霊の力で抑えどうにか出発した二人だったが、北方に着くや否や、今度は部族対立に巻き込まれてしまう。しかも、いつも逃げ腰の伊丹が何やらおかしくて――!?

幾多の困難を乗り越え、テュカはついに父と感動(?)の再会を果たした。後は帰還するのみ……と思いきや、部族間の争いが激化し、伊丹やテュカの滞留する遊牧民の集落が他部族の連合軍に襲撃される事態に発展する。この動乱を治めるべく、圧倒的戦力を誇るケンタウロス軍の前に、一人立ちはだかる伊丹。オタク自衛官が飛竜を駆り、今、伝説の竜騎士となる!