電子書籍 BIG-4(富士見ファンタジア文庫) ラノベ

限定特典あり
著者: 大楽絢太  イラスト: ワダアルコ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

35ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

BIG‐4 ぼくの名前は山田。目覚めたら四天王になってました。 あらすじ・内容

高校一年のぼくが魔界で四天王に!? 残念系日常ファンタジー!?

魔王軍直轄の最高戦力である四天王。メンバーは雷のアーディンブルグ、雪のヴォルフォレカ、焔のイグナレス。そして知の山田(ぼく)。今日も人類を殲滅するための会議が始まるのだが……。残念系日常ファンタジー!?

この作品を共有

「BIG-4(富士見ファンタジア文庫)」最新刊

念願の魔王との邂逅を果たした元高校生のぼくは、四天王をクビになった。三日後に元の世界へ帰れと言われたぼくはアディ、ユキ、イグナレスたちにすべての真実と『人間』だということを告げる決意をする!!

「BIG-4(富士見ファンタジア文庫)」作品一覧

(5冊)

各660(税込)

まとめてカート

魔王軍直轄の最高戦力である四天王。メンバーは雷のアーディンブルグ、雪のヴォルフォレカ、焔のイグナレス。そして知の山田(ぼく)。今日も人類を殲滅するための会議が始まるのだが……。残念系日常ファンタジー!?

目覚めたら、魔界の四天王になってしまったぼく、山田。あいも変わらず人類抹殺計画が進まず、イライラする中、ファンタジーの定番、勇者が現れるが……。「お兄!」「ウソだろ?」ぼくの実妹でした……。

真の四天王を決める四天王選手権が始まるということで、テンションがあがるアディ、ユキ、イグナレスの三人。しかしぼくは、ツッコまざるを得ない。お前ら、まさかただの……自称、四天王だったのかよ!

「BIG-4(富士見ファンタジア文庫)」の作品情報

レーベル
富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け ファンタジー
ページ数
286ページ (BIG‐4 ぼくの名前は山田。目覚めたら四天王になってました。)
配信開始日
2011年11月24日 (BIG‐4 ぼくの名前は山田。目覚めたら四天王になってました。)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad