電子書籍 ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II(別冊花とゆめ) マンガ

著: 日渡早紀 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻 あらすじ・内容

物語は「地球」へと還る──「ボクを包む月の光」から4年後…。成長した蓮は地球の歌が聴こえるという不思議な能力に目覚めていた。そんな折、輪と蓮の夢に謎の少女が現れ、輪にとって因縁深い「東京タワー」を要求してくるが…?「ぼく地球」シリーズ第3章、堂々のスタート!

この作品を共有
  

「ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II(別冊花とゆめ)」最新刊

瞬間移動で富士の神社に飛び、そこでヘンルーカの秘密に触れた蓮。無事に東京に帰り、そこで見てきたことをカチコたちに説明し始める。その一方、輪がいる小林家にヘンルーカが現れた…! そこで明かされる大母星消滅の真実とは――!?

「ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II(別冊花とゆめ)」作品一覧

(4冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

物語は「地球」へと還る──「ボクを包む月の光」から4年後…。成長した蓮は地球の歌が聴こえるという不思議な能力に目覚めていた。そんな折、輪と蓮の夢に謎の少女が現れ、輪にとって因縁深い「東京タワー」を要求してくるが…?「ぼく地球」シリーズ第3章、堂々のスタート!

夢に現れた謎の少女――。自分にだけ優しい微笑みを見せる少女に蓮は次第に惹かれていく…。そして同じく夢に現れた謎の少女について話し合うため集まった月基地組の面々だったが、そこにいるはずの輪から電話がかかってきた!目の前の輪のいったい…!?

輪たちに襲いかかり、突如意識を失った謎の少女・ヘンルーカ。蓮の必死の説得のおかげで、78日間だけ一緒に暮らすことになる。その口から語られる少女の秘密と蓮の中に眠る前世・ロジオンの過去…。全てから逃げ出した蓮が行き着いた先は…?

「ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II(別冊花とゆめ)」の作品情報

レーベル
別冊花とゆめ
出版社
白泉社
ジャンル
マンガ 女性向け 女子コミ(白泉社) 少女マンガ SF ファンタジー 別冊花とゆめ
ページ数
191ページ (ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻)
配信開始日
2016年2月19日 (ぼくは地球と歌う 「ぼく地球」次世代編II 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad