電子書籍 誰がJ-POPを救えるか?マスコミが語れない業界盛衰記 実用

著者: 麻生香太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

誰がJ-POPを救えるか?マスコミが語れない業界盛衰記 あらすじ・内容

2010年代になり、J-POPはさっぱり売れなくなってしまった。売れているのは3つだけ。AKB48と嵐とK-POPだけである。完全なファンクラブによる組織票の世界だ。いつから、こんな事態になってしまったのか?それはなぜなのか? 近い将来、レコード会社はおそらくなくなるだろう。CDも消えるだろう。音楽業界の闇と利権構造を解き明かす。

この作品を共有

「誰がJ-POPを救えるか?マスコミが語れない業界盛衰記」最新刊

2010年代になり、J-POPはさっぱり売れなくなってしまった。売れているのは3つだけ。AKB48と嵐とK-POPだけである。完全なファンクラブによる組織票の世界だ。いつから、こんな事態になってしまったのか?それはなぜなのか? 近い将来、レコード会社はおそらくなくなるだろう。CDも消えるだろう。音楽業界の闇と利権構造を解き明かす。

「誰がJ-POPを救えるか?マスコミが語れない業界盛衰記」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 ビジネス
ページ数
270ページ (誰がJ-POPを救えるか?マスコミが語れない業界盛衰記)
配信開始日
2016年3月4日 (誰がJ-POPを救えるか?マスコミが語れない業界盛衰記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad