電子書籍 地球の歩き方_中国(地球の歩き方) 実用

著: 地球の歩き方編集室 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

地球の歩き方 D01 中国 2019-2020 【分冊】 1 華北エリア あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「中国」編の分冊です。「中国」編6冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 中国』で検索ください。首都「北京」を中心に、甘栗でおなじみだけれど甘栗の産地ではない「天津」、殷周代の文物が出土する古都「石家荘」や世界遺産の町「承徳」、龍山文化発祥の「済南」やビールだけではない避暑地「青島」、少林寺拳法発祥の「登封」、世界遺産雲崗石窟へアクセスできる「大同」、大草原ツアーの「フフホト」などを収録。

この作品を共有

「地球の歩き方_中国(地球の歩き方)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「中国」編6冊がパックとなった合本です。それぞれ、単品でも販売しています。詳しくは『地球の歩き方 中国』で検索ください。圧倒的な自然と数千年の歴史が育む文化と芸術、13億人の活気みなぎる驚異の大国。複数の小特集で、中国の便利な歩き方を紐解きます。特にうわさのモバイル決済とシェアバイクの最新情報は必見。北京、上海だけじゃない、広大な中国を自分で歩き悠久の歴史と新しい息吹を感じたい人のための必携ガイドです。

「地球の歩き方_中国(地球の歩き方)」作品一覧

(7冊)

770〜2,090(税込)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「中国」編の分冊です。「中国」編6冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 中国』で検索ください。首都「北京」を中心に、甘栗でおなじみだけれど甘栗の産地ではない「天津」、殷周代の文物が出土する古都「石家荘」や世界遺産の町「承徳」、龍山文化発祥の「済南」やビールだけではない避暑地「青島」、少林寺拳法発祥の「登封」、世界遺産雲崗石窟へアクセスできる「大同」、大草原ツアーの「フフホト」などを収録。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「中国」編の分冊です。「中国」編6冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 中国』で検索ください。大都市「上海」をはじめ、東洋のベニス「蘇州」や遣唐使の町「揚州」、西湖十景で有名な「杭州」や老酒のブランドで名高い「紹興」、年間通して雄大な景観を体感できる「黄山」や古戦場「合肥」、映画『グリーン・デスティニー』の舞台となった武当山への登山口になる「十堰」や『三国志』に縁の深い「襄陽」などを収録。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙のガイドブックと内容が一部異なります。掲載されない写真や図版、収録されないページがある場合があります。あらかじめご了承下さい。※この商品は、「中国」編の分冊です。「中国」編6冊がパックとなった合本も販売しています。詳しくは『地球の歩き方 中国』で検索ください。南の入口「広州」を中心に、経済特区「深セン」、アジアの宝石「香港」と世界遺産とカジノの町「マカオ」、陶磁器の「景徳鎮」、奇岩の景勝地武陵源を擁する「張家界」、異国情緒あふれる「アモイ」や景色もお茶も絶品の「武夷山」、山水画がそのまま目前に拡がる「桂林」、山海のリゾートを楽しめる「三亜」などを収録。

「地球の歩き方_中国(地球の歩き方)」の作品情報

レーベル
地球の歩き方
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
実用 旅行・地域情報 旅・地域情報
ページ数
282ページ (地球の歩き方 D01 中国 2019-2020 【分冊】 1 華北エリア)
配信開始日
2018年12月21日 (地球の歩き方 D01 中国 2019-2020 【分冊】 1 華北エリア)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad