電子書籍 KIMURA~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~(アクションコミックス) マンガ

著者: 増田俊也  著者: 原田久仁信 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

KIMURA vol.0~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~ あらすじ・内容

ベストセラーノンフィクション『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』が、ついに漫画化。天才柔道家・木村政彦の生涯を描く。第0巻は、未完のままに終わった梶原一騎の自伝的漫画『男の星座』へのオマージュであり、増田氏が木村政彦の仇討ちを胸に、18年の歳月をかけて原作書籍を描き切った理由が明らかにされるプロローグ作品。

この作品を共有
  

「KIMURA~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~(アクションコミックス)」最新刊

大宅賞受賞のベストセラー『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』のコミックスの第8巻。天覧制覇、全日本選手権13連覇を達成した木村政彦だが、太平洋戦争は柔道家としての黄金時代を奪った。そんな中、戦後の焼け野原から柔道家たちを救おうと牛島辰熊は動き出す。国際柔道協会、俗に言う“プロ柔道”の旗揚げである。

「KIMURA~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~(アクションコミックス)」作品一覧

(9冊)

各660(税込)

まとめてカート

ベストセラーノンフィクション『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』が、ついに漫画化。天才柔道家・木村政彦の生涯を描く。第0巻は、未完のままに終わった梶原一騎の自伝的漫画『男の星座』へのオマージュであり、増田氏が木村政彦の仇討ちを胸に、18年の歳月をかけて原作書籍を描き切った理由が明らかにされるプロローグ作品。

第1巻では、熊本の地で生まれ育った木村政彦の幼少期が描かれる。家業の砂利採りを手伝いながら、のちの師匠であり、郷土の英雄であった牛島辰熊に憧れを胸に、柔道に生きる喜びを見出す。

相撲大会の活躍により鎮西中柔道部顧問にスカウトされ、同中学に編入した木村が柔道の才能を開花させていく。全国レベルの鎮西中柔道部での猛練習に加え、五高や熊本県警道場、町道場で己を極限まで鍛えていく。熊本に生まれた怪童の名は全国に知れわたるようになる。

「KIMURA~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~(アクションコミックス)」の作品情報

レーベル
アクションコミックス
出版社
双葉社
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ
ページ数
202ページ (KIMURA vol.0~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~)
配信開始日
2016年4月21日 (KIMURA vol.0~木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad