電子書籍 花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々(文春文庫) 実用

著: 唐澤平吉 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々 あらすじ・内容

「文章は話すように書け」「ひとの身になって考えろ」「編集者は、芸人でなくてはならない」「編集者にとって、字はいのちだ」「眼は高く、手は低く」――伝説の編集者・花森安治はきわめつきの頑固でワンマン、そして自由でしなやかな精神をもつ、天才肌の職人だった。「暮しの手帖」編集部で花森安治、創業者の大橋鎭子と6年間を過ごし、雑誌作りを一から叩き込まれ、だれよりも怒られた元編集部員がつづる回想。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が、より楽しめる一冊!

この作品を共有

「花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々(文春文庫)」最新刊

「文章は話すように書け」「ひとの身になって考えろ」「編集者は、芸人でなくてはならない」「編集者にとって、字はいのちだ」「眼は高く、手は低く」――伝説の編集者・花森安治はきわめつきの頑固でワンマン、そして自由でしなやかな精神をもつ、天才肌の職人だった。「暮しの手帖」編集部で花森安治、創業者の大橋鎭子と6年間を過ごし、雑誌作りを一から叩き込まれ、だれよりも怒られた元編集部員がつづる回想。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が、より楽しめる一冊!

「花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用
ページ数
290ページ (花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々)
配信開始日
2016年4月29日 (花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad