電子書籍 東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 マンガ

原作: 須田良規  作画: 井田ヒロト 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (1) あらすじ・内容

東大卒、職業・雀荘店員。これは、実在する人物の日常を描いた物語である――。日本中には二万軒の雀荘があり、各々にメンバーという人種が巣食っている。 彼らは、雀荘での雑務や接客をこなしながら、自腹で客と麻雀を打つ、雀荘従業員である。単に麻雀が好きなだけでは、とても続けられる仕事ではない。皆それぞれの事情を抱えながら、将来も希望もない閉塞した場所で、細々と生きながらえているのである。

この作品を共有
  

「東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男」最新刊

東大を卒業し、就いた職業はフリー雀荘メンバー。ここは都会の片隅の実在の雀荘。様々な思いで店の扉を開ける客たち。静かに見守る雀荘メンバー…。これは実話を元にした心に響く物語である。

「東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男」作品一覧

(3冊)

618〜713(税込)

まとめてカート

東大卒、職業・雀荘店員。これは、実在する人物の日常を描いた物語である――。日本中には二万軒の雀荘があり、各々にメンバーという人種が巣食っている。 彼らは、雀荘での雑務や接客をこなしながら、自腹で客と麻雀を打つ、雀荘従業員である。単に麻雀が好きなだけでは、とても続けられる仕事ではない。皆それぞれの事情を抱えながら、将来も希望もない閉塞した場所で、細々と生きながらえているのである。

東京大学を卒業後、フリー雀荘の店員になった男がいる。モラトリアム…でもない。怠惰、無頓着、あるいは“自由”に憧れ…というわけでもない。雀荘に一歩足を踏み入れて以来、いつのまにか、他に行き場を失った。単に麻雀が好き、というだけでは続けられる仕事ではない。そこに集まる人々の得体の知れないエネルギーに、絡めとられたのかもしれない。それは決して健全でも建設的でもなく、ましてや青雲の志をかけるには場違いだった。人は言う。東大を出たのに…なぜ…。

東大を卒業し、就いた職業はフリー雀荘メンバー。ここは都会の片隅の実在の雀荘。様々な思いで店の扉を開ける客たち。静かに見守る雀荘メンバー…。これは実話を元にした心に響く物語である。

「東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男」の作品情報

レーベル
近代麻雀コミックス
出版社
竹書房
ジャンル
マンガ 男性向け 麻雀 青年マンガ ギャンブル 近代麻雀
ページ数
218ページ (東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (1))
配信開始日
2013年7月19日 (東大を出たけれど 麻雀に憑かれた男 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad