電子書籍 喜の行列 悲の行列(講談社文庫) 文芸・小説

著: 藤田宜永 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

喜の行列 悲の行列 上 あらすじ・内容

宝福喜朗(ほうふくよしろう)は、そのおめでたい名前とは裏腹に地味で平凡なサラリーマンだ。「福袋の行列に並んで欲しい」。家でのんびりと年を越すはずが、妻と娘にせがまれ、今年は寒空の下へ送り出されてしまった。大晦日、デパート脇に並ぶ喜朗の顔は晴れない――行列する人々の運命が、不思議な接点で結ばれていくことも知らず!

この作品を共有

「喜の行列 悲の行列(講談社文庫)」最新刊

列をなすのは謎に包まれた人ばかり。どの福袋を狙っているのかさえ互いに明かさない。一癖ある面々と夜を明かし、その人生を垣間見るにつれ、「行列は苦行」そう思い込んでいた喜朗の心は解(ほぐ)れていく。行列の先に待つのは喜びか悲しみか。売り出しまで48時間。偶然の連鎖が思わぬ運命を招く。

「喜の行列 悲の行列(講談社文庫)」作品一覧

(2冊)

各817(税込)

まとめてカート

宝福喜朗(ほうふくよしろう)は、そのおめでたい名前とは裏腹に地味で平凡なサラリーマンだ。「福袋の行列に並んで欲しい」。家でのんびりと年を越すはずが、妻と娘にせがまれ、今年は寒空の下へ送り出されてしまった。大晦日、デパート脇に並ぶ喜朗の顔は晴れない――行列する人々の運命が、不思議な接点で結ばれていくことも知らず!

列をなすのは謎に包まれた人ばかり。どの福袋を狙っているのかさえ互いに明かさない。一癖ある面々と夜を明かし、その人生を垣間見るにつれ、「行列は苦行」そう思い込んでいた喜朗の心は解(ほぐ)れていく。行列の先に待つのは喜びか悲しみか。売り出しまで48時間。偶然の連鎖が思わぬ運命を招く。

「喜の行列 悲の行列(講談社文庫)」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
374ページ (喜の行列 悲の行列 上)
配信開始日
2016年5月13日 (喜の行列 悲の行列 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad