電子書籍 歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- 実用

著: 菊地成孔 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- あらすじ・内容

異能の音楽家が綴るエッセイ第二弾

21世紀日本を代表するカルチャー・ヒーローとなった菊地成孔が、1996年から2004年の間に書いたさまざまな領域についてのエッセイ・評論をコンパイルし、その合間に新宿歌舞伎町のホテルで過ごした6日間の記録が挿入される、という形式の異色エッセイ。音楽の、文学の、映画の、セックスの、料理の、言語学の、精神分析の、格闘技の、愛と憎しみと生と死の、憂鬱と官能にまみれたアマルガム。饒舌なトリックスターにしてエレガントアンニュイの司祭、菊地成孔が贈る、『スペインの宇宙食』に続く第二エッセイ集。
「2004年4月23日午前7時30分。
少なくとも今の僕にとって、地球は新宿歌舞伎町を中心に回っている。あらゆる人々の欲望と、悲しみと、快楽と、絶望と希望を、平然と乗せて」(本書より)

この作品を共有

「歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間-」を見ている人にこれもおすすめ

「歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間-」最新刊

異能の音楽家が綴るエッセイ第二弾

21世紀日本を代表するカルチャー・ヒーローとなった菊地成孔が、1996年から2004年の間に書いたさまざまな領域についてのエッセイ・評論をコンパイルし、その合間に新宿歌舞伎町のホテルで過ごした6日間の記録が挿入される、という形式の異色エッセイ。音楽の、文学の、映画の、セックスの、料理の、言語学の、精神分析の、格闘技の、愛と憎しみと生と死の、憂鬱と官能にまみれたアマルガム。饒舌なトリックスターにしてエレガントアンニュイの司祭、菊地成孔が贈る、『スペインの宇宙食』に続く第二エッセイ集。
「2004年4月23日午前7時30分。
少なくとも今の僕にとって、地球は新宿歌舞伎町を中心に回っている。あらゆる人々の欲望と、悲しみと、快楽と、絶望と希望を、平然と乗せて」(本書より)

「歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間-」の作品情報

レーベル
小学館文庫
出版社
小学館
ジャンル
実用 エッセイ ノンフィクション
ページ数
352ページ (歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間-)
配信開始日
2016年5月27日 (歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad