電子書籍 ビッグ・ノーウェア(文春文庫) 文芸

著: ジェイムズ・エルロイ  訳者: 二宮磬 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ビッグ・ノーウェア(下) あらすじ・内容

残虐な殺人者と共振するように事件に没入するアップショー。その粘りを買って、コンシディーンは彼をアカ狩り捜査班に加える。だがアップショーの執念の捜査が二つの事件を結ぶカギを探り当てたとき、闇にひそむ悪辣な罠が動きはじめた――<暗黒のLA四部作>中、もっともヘヴィな余韻を残す現代ノワールの傑作。解説・法月綸太郎

この作品を共有

「ビッグ・ノーウェア(文春文庫)」最新刊

1950年、正月――共産主義の脅威に怯えるLA。異常殺人を追う若き保安官アップショー。アカ狩りで名声を狙う警部補コンシディーン、暗黒街の始末屋ミークス。策謀と欲望の迷宮で翻弄される三人の男たちは、暗い道の果てに何を見るのか? 傑作「LAコンフィデンシャル」前夜を描く<暗黒のLA四部作>第2作。

「ビッグ・ノーウェア(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

各620円 (+税)

まとめてカート

残虐な殺人者と共振するように事件に没入するアップショー。その粘りを買って、コンシディーンは彼をアカ狩り捜査班に加える。だがアップショーの執念の捜査が二つの事件を結ぶカギを探り当てたとき、闇にひそむ悪辣な罠が動きはじめた――<暗黒のLA四部作>中、もっともヘヴィな余韻を残す現代ノワールの傑作。解説・法月綸太郎

1950年、正月――共産主義の脅威に怯えるLA。異常殺人を追う若き保安官アップショー。アカ狩りで名声を狙う警部補コンシディーン、暗黒街の始末屋ミークス。策謀と欲望の迷宮で翻弄される三人の男たちは、暗い道の果てに何を見るのか? 傑作「LAコンフィデンシャル」前夜を描く<暗黒のLA四部作>第2作。

「ビッグ・ノーウェア(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 海外文学
ページ数
431ページ (ビッグ・ノーウェア(下))
配信開始日
2016年5月28日 (ビッグ・ノーウェア(下))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad