電子書籍 さまよえる孔子、よみがえる論語(朝日選書) 実用

著者: 竹内実 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

さまよえる孔子、よみがえる論語 あらすじ・内容

東アジア世界で政治の王に対する精神の支柱となった儒教の始祖、孔子。死後2500年、紆余曲折の評価と受容の変遷を経て、文革時、批林批孔運動では標的に。しかし今また中国で復活、注目を浴びている。孔子の生い立ち、『論語』の真の意味や成立の背景を探りながら、碩学が実際にたどった「孔子と論語」再発見の旅。

この作品を共有

「さまよえる孔子、よみがえる論語(朝日選書)」最新刊

東アジア世界で政治の王に対する精神の支柱となった儒教の始祖、孔子。死後2500年、紆余曲折の評価と受容の変遷を経て、文革時、批林批孔運動では標的に。しかし今また中国で復活、注目を浴びている。孔子の生い立ち、『論語』の真の意味や成立の背景を探りながら、碩学が実際にたどった「孔子と論語」再発見の旅。

「さまよえる孔子、よみがえる論語(朝日選書)」の作品情報

レーベル
朝日選書
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 哲学 思想
ページ数
240ページ (さまよえる孔子、よみがえる論語)
配信開始日
2016年6月10日 (さまよえる孔子、よみがえる論語)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad