電子書籍 インパール(文春文庫) 文芸・小説

著: 高木俊朗 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

戦死 インパール牽制作戦 あらすじ・内容

昭和21年2月9日、元陸軍大佐棚橋真作はGHQからの出頭命令に接して、古式通りの割腹自殺をとげた――著者は、その死に疑問をいだき、間近に迫っていたインパール作戦の陽動作戦として実施された「ハ号作戦」に参加した第55師団の生き残りの人々の証言や日録を克明に調べていくうちに花谷正師団長の部下への自決強要の問題が浮かび上がってくる。軍隊という巨大な組織の冷酷無残な非人間性を描いた戦記文学の傑作。著者のインパール五部作の一冊。

この作品を共有

「インパール(文春文庫)」作品一覧

(4冊)

509〜1,400(税込)

まとめてカート

「インパール」シリーズ、迫力の分厚さで完結。
無謀な構想、拙劣な用兵、責任転嫁――インパールの愚行を繰り返してはならない。

本書はインパール作戦の悲惨と愚劣を記録するシリーズの完結編となる。戦車支隊の最期を描く「全滅」と「祭師団」の悲劇を描く「憤死」が一冊に。
戦記文学の名著、待望の新装版。

※この電子書籍は「全滅」「憤死」2冊の文庫を1冊にまとめた新装版の文庫を底本としています。