電子書籍 傷(文春文庫) 文芸

著: 幸田真音 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

傷(上) 邦銀崩壊 あらすじ・内容

邦銀ニューヨーク支店の花形ディーラーが、高層ホテルから身を投げた。その死の直前、彼は、「N.U.H.」という謎のメッセージを、高校時代の友人、芹沢に残していた。芹沢は、自殺の真相を探るうち、ウォール街で世界の投資家相手に辣腕を振るうトップセールスウーマン、州波に出会う。「あんな銀行なんかつぶれればいい」。彼女は邦銀に深い恨みを抱いていた……。1980年代、世界を席捲した観があった日本の銀行は、なぜこんなにまで凋落したのか? 日本金融界の闇を抉る問題小説。

この作品を共有

「傷(文春文庫)」最新刊

山一証券の自主廃業など相次ぐ金融破綻に、効果的な経済政策を打ち出せない政府、プライドだけの大蔵官僚、不良債権隠しに走る銀行。邦銀ニューヨーク支店の花形ディーラーだった恋人は、なぜ死ななければならなかったのか? その死の真相に迫るべく奔走する州波は、単身日本に乗り込んで、そのキャリアと私財の全てをなげうって、芹沢とともに驚くべき秘策を実行する──。銀行の存続とモラルのはざまで何がおこったのか? すべての金融マンに捧げる著者渾身のミステリー。

「傷(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

各509円 (+税)

まとめてカート

邦銀ニューヨーク支店の花形ディーラーが、高層ホテルから身を投げた。その死の直前、彼は、「N.U.H.」という謎のメッセージを、高校時代の友人、芹沢に残していた。芹沢は、自殺の真相を探るうち、ウォール街で世界の投資家相手に辣腕を振るうトップセールスウーマン、州波に出会う。「あんな銀行なんかつぶれればいい」。彼女は邦銀に深い恨みを抱いていた……。1980年代、世界を席捲した観があった日本の銀行は、なぜこんなにまで凋落したのか? 日本金融界の闇を抉る問題小説。

山一証券の自主廃業など相次ぐ金融破綻に、効果的な経済政策を打ち出せない政府、プライドだけの大蔵官僚、不良債権隠しに走る銀行。邦銀ニューヨーク支店の花形ディーラーだった恋人は、なぜ死ななければならなかったのか? その死の真相に迫るべく奔走する州波は、単身日本に乗り込んで、そのキャリアと私財の全てをなげうって、芹沢とともに驚くべき秘策を実行する──。銀行の存続とモラルのはざまで何がおこったのか? すべての金融マンに捧げる著者渾身のミステリー。

「傷(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 経済小説 経済 社会
ページ数
278ページ (傷(上) 邦銀崩壊)
配信開始日
2016年6月24日 (傷(上) 邦銀崩壊)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad