電子書籍 球形の荒野 新装版(文春文庫) 文芸

著: 松本清張 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

球形の荒野 新装版(上) あらすじ・内容

奈良の唐招提寺を訪ねた芦村節子は、芳名帳に大戦中の外交官だった亡き叔父・野上顕一郎の独特な筆跡を見た。名前は違うが、こんな変わった筆跡はほかに見たことがない。叔父は戦争末期、スイスで死亡しているはずだ。しかし、もしかしたら……と疑いが彼女の胸に湧いてくる。野上未亡人・孝子とその娘・久美子、節子の夫・亮一は、節子の話に取り合わないが、久美子の恋人である新聞記者・添田彰一は、筆跡の話を聞いて、ある予感を受ける。著者会心の国際謀略ミステリー!

この作品を共有

「球形の荒野 新装版(文春文庫)」最新刊

新聞記者・添田彰一は、恋人・野上久美子の父が「戦時末期にスイスで病死」と報じられたにもかかわらず、生きているのではないかという疑惑を確かめるため、ひそかに取材を始める。とたんに立ちはだかる障害。どんな事実が戦争末期から今まで隠されてきたのか? 久美子の回りに起きる奇怪な事件の意図は? 戦争終結時の国際外交の裏舞台と絶ちがたい骨肉の愛が交錯し、そこに殺人事件が発生する。松本清張ならではのスケールで描く、国際謀略ミステリーの傑作!

「球形の荒野 新装版(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

各583円 (+税)

まとめてカート

奈良の唐招提寺を訪ねた芦村節子は、芳名帳に大戦中の外交官だった亡き叔父・野上顕一郎の独特な筆跡を見た。名前は違うが、こんな変わった筆跡はほかに見たことがない。叔父は戦争末期、スイスで死亡しているはずだ。しかし、もしかしたら……と疑いが彼女の胸に湧いてくる。野上未亡人・孝子とその娘・久美子、節子の夫・亮一は、節子の話に取り合わないが、久美子の恋人である新聞記者・添田彰一は、筆跡の話を聞いて、ある予感を受ける。著者会心の国際謀略ミステリー!

新聞記者・添田彰一は、恋人・野上久美子の父が「戦時末期にスイスで病死」と報じられたにもかかわらず、生きているのではないかという疑惑を確かめるため、ひそかに取材を始める。とたんに立ちはだかる障害。どんな事実が戦争末期から今まで隠されてきたのか? 久美子の回りに起きる奇怪な事件の意図は? 戦争終結時の国際外交の裏舞台と絶ちがたい骨肉の愛が交錯し、そこに殺人事件が発生する。松本清張ならではのスケールで描く、国際謀略ミステリーの傑作!

「球形の荒野 新装版(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
296ページ (球形の荒野 新装版(上))
配信開始日
2016年6月24日 (球形の荒野 新装版(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad