電子書籍 翔んでる警視正(文春文庫) 文芸・小説

著: 胡桃沢耕史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く あらすじ・内容

公安部長から突然に電話が入り、昼食に誘われた警視庁捜査一課・岩崎白昼夢警視正が指定の店に行くと、前総監が待っていた──「首相直々の頼みがある……」お馴染みの部下四人と、岩崎は北京からシルクロード奥地へ飛んだ。ホータン、カシュガル、そして天山南路。そこでは恐るべき企みが進行していた。三十年前に日本を騒がせて死んだはずの男が生きていた! 時あたかも、「天安門暴乱」。筆者のまさにホームグラウンドで展開する、新構想でえがかれたシリーズ第一作の長篇冒険小説!

この作品を共有

「翔んでる警視正(文春文庫)」最新刊

日本のモンマルトルといえば聞こえはいいが、新宿の一角に世界各国の娘たちが立ち並ぶ場所がある。その街で殺人事件が発生した。ホテルから一人で出てきた女が、背中の方から飛んできたナイフの一撃で即死したのである。その時女の発した言葉は、目撃者たちが今までに一度もきいたことのない言葉だった。岩崎警視正の卓越した語学力と冴えた勘が事件を解決に導く表題作をはじめ、東京で、秋田で、はたまたニューヨークで展開する力作6篇を収録した。

「翔んでる警視正(文春文庫)」作品一覧

(5冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

公安部長から突然に電話が入り、昼食に誘われた警視庁捜査一課・岩崎白昼夢警視正が指定の店に行くと、前総監が待っていた──「首相直々の頼みがある……」お馴染みの部下四人と、岩崎は北京からシルクロード奥地へ飛んだ。ホータン、カシュガル、そして天山南路。そこでは恐るべき企みが進行していた。三十年前に日本を騒がせて死んだはずの男が生きていた! 時あたかも、「天安門暴乱」。筆者のまさにホームグラウンドで展開する、新構想でえがかれたシリーズ第一作の長篇冒険小説!

警視庁にかかってきた女の声の電話は、英語の絶叫で始まったが、突然、不思議な言葉に変わり、絶命したらしい悲鳴で終わった。テープを聞かされて、さすがの岩崎白昼夢も戸惑ったが、すぐインド北西の西ウルドウ国で使われるパンジャビー語だと気がついてメモを取り出した。なんと女は、昭和天皇の葬儀に弔問でやってきた西ウルドウ国のメット大統領が送った刺客に殺されると叫んでいたのだ……。数億の資産を持つ、お馴染み岩崎警視正が国際的に大活躍する傑作短篇六篇を収録。

扉をあけると、すぐ目の前に死体がぶら下がっていた。腰までの短いスリップに、薄いショーツだけつけているが、裸同然だった。天才警視正のカンが、すばやく察知したものは……。岩崎のネイティブ顔負けのポルトガル語で事件を解決に導く表題作の他、「悲しき殺し屋」「十字架は語らず」「哀しみは美しさの故」「アンダースコート」「空飛ぶ大根」の五篇を併せた短篇集益々快調! 乃木、峯岸両捜査官に元警部補みずえ夫人も加わって美女陣もさらに快調。

「翔んでる警視正(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
226ページ (翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く)
配信開始日
2016年6月24日 (翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad