電子書籍 いとしのヒナゴン(文春文庫) 文芸

著: 重松清 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

いとしのヒナゴン(上) あらすじ・内容

謎の類人猿「ヒナゴン」が目撃されてから三十数年。昭和の記憶と思われていた怪物騒動がふたたび蘇った。伝説の悪ガキ「イナゴのイッちゃん」を町長にいただく比奈町は、さっそく類人猿課を再設置したが、目撃情報をよせる地元の老人たちは、ヒナゴンより孫代わりの話し相手が欲しいらしく……。ハートウォーミングな痛快長編小説。

この作品を共有

「いとしのヒナゴン(文春文庫)」最新刊

ヒナゴン探しが難航する比奈町に市町村合併の波が押し寄せた。地方の将来を見据えた備北市の片山市長と、義理と人情で世間をわたる比奈町長イッちゃんはいわば水と油。合併問題が迫ってくるうちに、予想外の事態が巻き起こる。ヒナゴンは実在するか? またUターン組の心にきざす想いとは。感動が胸にひろがる“ふるさと”の物語。

「いとしのヒナゴン(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

495円〜524円(+税)

まとめてカート

謎の類人猿「ヒナゴン」が目撃されてから三十数年。昭和の記憶と思われていた怪物騒動がふたたび蘇った。伝説の悪ガキ「イナゴのイッちゃん」を町長にいただく比奈町は、さっそく類人猿課を再設置したが、目撃情報をよせる地元の老人たちは、ヒナゴンより孫代わりの話し相手が欲しいらしく……。ハートウォーミングな痛快長編小説。

ヒナゴン探しが難航する比奈町に市町村合併の波が押し寄せた。地方の将来を見据えた備北市の片山市長と、義理と人情で世間をわたる比奈町長イッちゃんはいわば水と油。合併問題が迫ってくるうちに、予想外の事態が巻き起こる。ヒナゴンは実在するか? またUターン組の心にきざす想いとは。感動が胸にひろがる“ふるさと”の物語。

「いとしのヒナゴン(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸
ページ数
262ページ (いとしのヒナゴン(上))
配信開始日
2016年6月24日 (いとしのヒナゴン(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad