電子書籍 ケネディ暗殺(文春e-book) 実用

著: フィリップ・シノン  訳者: 村上和久 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言(上) あらすじ・内容

本書の著者、フィリップ・シノンが勤務するニューヨーク・タイムズのオフィスの電話が鳴った。「委員会のものだが、話を聞いてもらいたい」。当時、シノンは調査報道記者として、9・11テロを調査した超党派の委員会「9・11委員会」がなぜ真相に到達できなかったかを書いた『委員会』を出版したばかりだった。だが、電話をかけてきた相手は「委員会」は「委員会」でももうひとつの歴史的委員会、ケネディ暗殺の真相を調査した「ウォーレン委員会」の人間だった――。ウォーレン委員会の元スタッフ全面協力のもと、シノンが暗殺事件を徹底的に再調査。50年の時を経て初めて明かされるケネディ暗殺の真相!

この作品を共有

「ケネディ暗殺(文春e-book)」最新刊

ウォーレン委員会の調査スタッフの頭を最後まで悩ませたのは、オズワルドがケネディ暗殺の直前にメキシコシティに赴き、そこでソ連大使館、キューバ大使館の人間と接触していることだった。「外国政府による陰謀」の可能性を調査するエリア4のコールマンとスローソンは、キューバ大使館で働く一人の女に注目する。その女は共産主義者であり、オズワルドと愛人関係にあったという。一方、CIAとFBIはメキシコシティでのオズワルドの足どりを把握しながら、あえてその事実を隠し、証拠を隠滅しようとしていた――。ウォーレン委員会の元スタッフの全面協力を得て、元ニューヨーク・タイムズ調査報道記者が暗殺事件を徹底的に再調査。50年の時を経て初めて明かされるケネディ暗殺の真相!

「ケネディ暗殺(文春e-book)」作品一覧

(2冊)

各1,238円 (+税)

まとめてカート

本書の著者、フィリップ・シノンが勤務するニューヨーク・タイムズのオフィスの電話が鳴った。「委員会のものだが、話を聞いてもらいたい」。当時、シノンは調査報道記者として、9・11テロを調査した超党派の委員会「9・11委員会」がなぜ真相に到達できなかったかを書いた『委員会』を出版したばかりだった。だが、電話をかけてきた相手は「委員会」は「委員会」でももうひとつの歴史的委員会、ケネディ暗殺の真相を調査した「ウォーレン委員会」の人間だった――。ウォーレン委員会の元スタッフ全面協力のもと、シノンが暗殺事件を徹底的に再調査。50年の時を経て初めて明かされるケネディ暗殺の真相!

ウォーレン委員会の調査スタッフの頭を最後まで悩ませたのは、オズワルドがケネディ暗殺の直前にメキシコシティに赴き、そこでソ連大使館、キューバ大使館の人間と接触していることだった。「外国政府による陰謀」の可能性を調査するエリア4のコールマンとスローソンは、キューバ大使館で働く一人の女に注目する。その女は共産主義者であり、オズワルドと愛人関係にあったという。一方、CIAとFBIはメキシコシティでのオズワルドの足どりを把握しながら、あえてその事実を隠し、証拠を隠滅しようとしていた――。ウォーレン委員会の元スタッフの全面協力を得て、元ニューヨーク・タイムズ調査報道記者が暗殺事件を徹底的に再調査。50年の時を経て初めて明かされるケネディ暗殺の真相!

「ケネディ暗殺(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
535ページ (ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言(上))
配信開始日
2016年6月24日 (ケネディ暗殺 ウォーレン委員会50年目の証言(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad