電子書籍 国家なる幻影(文春文庫) 実用

著: 石原慎太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

国家なる幻影(上) わが政治への反回想 あらすじ・内容

昭和41年暮れのベトナム行きが、ことの始まりだった。政治への参加を決意し、2年後参院選全国区に出馬、300万票という未曾有の大量得票で当選。私というオデッセイは、政治なる魔の海への航海に旅立った。三島由紀夫氏からの公開状、田中角栄との対決、青嵐会の結成を経て、福田内閣で環境庁長官に就任──総裁選出馬を経て平成5年、自民党が下野するにいたるまでを追想する石原氏。その政治の世界で繰り広げられた情念のドラマを、圧倒的な筆力で描く回顧録。

この作品を共有

「国家なる幻影(文春文庫)」最新刊

不毛の一語に尽きた40日抗争は、初の衆参同日選挙を生み、大平首相は急死。後継の鈴木内閣で中川一郎擁立を図るが、中曾根政権が誕生する。そして中川の自殺、フィリピンの友人ベニグノ・アキノ暗殺に、政治の世界の地獄絵を見る──総裁選出馬を経て平成5年、自民党が下野するにいたるまでを追想する。それはまさに人間を見据える文学者にしか描けない、権力をめぐる者たちの生々しい情念のドラマ。石原氏が、自らの25年間の政治生活のすべてを描き切った回顧録。

「国家なる幻影(文春文庫)」作品一覧

(2冊)

552円〜590円(+税)

まとめてカート

昭和41年暮れのベトナム行きが、ことの始まりだった。政治への参加を決意し、2年後参院選全国区に出馬、300万票という未曾有の大量得票で当選。私というオデッセイは、政治なる魔の海への航海に旅立った。三島由紀夫氏からの公開状、田中角栄との対決、青嵐会の結成を経て、福田内閣で環境庁長官に就任──総裁選出馬を経て平成5年、自民党が下野するにいたるまでを追想する石原氏。その政治の世界で繰り広げられた情念のドラマを、圧倒的な筆力で描く回顧録。

不毛の一語に尽きた40日抗争は、初の衆参同日選挙を生み、大平首相は急死。後継の鈴木内閣で中川一郎擁立を図るが、中曾根政権が誕生する。そして中川の自殺、フィリピンの友人ベニグノ・アキノ暗殺に、政治の世界の地獄絵を見る──総裁選出馬を経て平成5年、自民党が下野するにいたるまでを追想する。それはまさに人間を見据える文学者にしか描けない、権力をめぐる者たちの生々しい情念のドラマ。石原氏が、自らの25年間の政治生活のすべてを描き切った回顧録。

「国家なる幻影(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
496ページ (国家なる幻影(上) わが政治への反回想)
配信開始日
2016年6月24日 (国家なる幻影(上) わが政治への反回想)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad