電子書籍 呪症骨董屋石川鷹人(アルファポリス文庫) 文芸・小説

著: 鈴木麻純  イラスト: ボーダー 

まずは、無料で試し読み

試し読み

46ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

呪症骨董屋石川鷹人 あらすじ・内容

呪われた骨董品が引き起こす災害現象を総称して『呪症』と呼ぶ。殺人にさえ至るそれは、警察だけでは手に余るため、専門家の呪症管理者が共同で捜査に当たることになっていた。骨董屋、石川鷹人(いしかわたかひと)もまた、そんな呪症管理者の一人である。ただ、容姿端麗で頭が切れる彼なのだが、傲慢で皮肉屋で、おまけに人命よりも呪われた骨董品を大切にするような変人だった――。シリーズ累計40万部「蛟堂報復録」の鈴木麻純が贈る新シリーズ、アンティーク伝奇ミステリ、始動!

この作品を共有

「呪症骨董屋石川鷹人(アルファポリス文庫)」最新刊

呪われた骨董品が引き起こす災害現象――「呪症」。その呪症事件を警察とともに捜査するのが、変人骨董屋石川鷹人だった。あるとき彼は、足無村(あしなしむら)へ呪いの人魚のミイラを探しに行った大学生六人の捜索を依頼される。この人里離れた漁村で捜査を進めるうちに、大学生たちがすでに呪症の影響下にあることが判明した。この呪症、感染者をゾンビのようにしてしまう効果があるという。つまり、人を食らうのだ――

「呪症骨董屋石川鷹人(アルファポリス文庫)」作品一覧

(3冊)

各605(税込)

まとめてカート

呪われた骨董品が引き起こす災害現象を総称して『呪症』と呼ぶ。殺人にさえ至るそれは、警察だけでは手に余るため、専門家の呪症管理者が共同で捜査に当たることになっていた。骨董屋、石川鷹人(いしかわたかひと)もまた、そんな呪症管理者の一人である。ただ、容姿端麗で頭が切れる彼なのだが、傲慢で皮肉屋で、おまけに人命よりも呪われた骨董品を大切にするような変人だった――。シリーズ累計40万部「蛟堂報復録」の鈴木麻純が贈る新シリーズ、アンティーク伝奇ミステリ、始動!

「蛟堂報復録」の鈴木麻純が贈るアンティーク伝奇ミステリ、第二弾! 呪われた骨董品が引き起こす災害現象――「呪症」。その呪症事件を警察とともに捜査するのが、変人骨董屋石川鷹人だった。いくつかの事件を経て、悪友の刑事・九雀蔵之介だけでなく、融通が利かない性格の婦警・真田律華とも、それなりの関係を築けた矢先――呪症によるものと思われる連続人体発火事件が発生。その事件に、九雀が深く関わっている疑いがあった。呪症管理協会や落ち込んだ律華の相談を受け、鷹人も捜査を始めるのだが――

呪われた骨董品が引き起こす災害現象――「呪症」。その呪症事件を警察とともに捜査するのが、変人骨董屋石川鷹人だった。あるとき彼は、足無村(あしなしむら)へ呪いの人魚のミイラを探しに行った大学生六人の捜索を依頼される。この人里離れた漁村で捜査を進めるうちに、大学生たちがすでに呪症の影響下にあることが判明した。この呪症、感染者をゾンビのようにしてしまう効果があるという。つまり、人を食らうのだ――

「呪症骨董屋石川鷹人(アルファポリス文庫)」の作品情報

レーベル
アルファポリス文庫
出版社
アルファポリス
ジャンル
文芸・小説 男性向け ミステリー・推理・サスペンス ホラー 異世界系作品
ページ数
270ページ (呪症骨董屋石川鷹人)
配信開始日
2016年6月24日 (呪症骨董屋石川鷹人)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad