電子書籍 子どもたちは狼のように吠える(ハヤカワ文庫JA) 文芸・小説

著: 地本 草子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

子どもたちは狼のように吠える1 あらすじ・内容

日本領サハリン。家族を殺された少年セナは同い年のニカと共に、未成年だけの犯罪組織を立ち上げる。全ては大人たちへの復讐のために。硝煙弾雨のギャングスタ・ストーリー。

この作品を共有

「子どもたちは狼のように吠える(ハヤカワ文庫JA)」最新刊

世界最悪の犯罪地帯、日本領サハリン。四年前の事件をきっかけに〈犬〉セナと〈狼〉ニカは、未成年の犯罪組織ПИОНЕР(ピオネール)を立ち上げた。警察、マフィア、そしてヤクザ――汚穢に塗れた大人たち全てに銃火と暴力で宣戦した彼らは、やがて島最北端の都市オハを支配下に置く規模に急成長する。しかし、いくら傷つけても殺しても、咆哮する子どもたちの未来は見えそうもなかった……。ティーンエイジ・ノワール、業苦の終局。

「子どもたちは狼のように吠える(ハヤカワ文庫JA)」作品一覧

(2冊)

792〜814(税込)

まとめてカート

日本領サハリン。家族を殺された少年セナは同い年のニカと共に、未成年だけの犯罪組織を立ち上げる。全ては大人たちへの復讐のために。硝煙弾雨のギャングスタ・ストーリー。

世界最悪の犯罪地帯、日本領サハリン。四年前の事件をきっかけに〈犬〉セナと〈狼〉ニカは、未成年の犯罪組織ПИОНЕР(ピオネール)を立ち上げた。警察、マフィア、そしてヤクザ――汚穢に塗れた大人たち全てに銃火と暴力で宣戦した彼らは、やがて島最北端の都市オハを支配下に置く規模に急成長する。しかし、いくら傷つけても殺しても、咆哮する子どもたちの未来は見えそうもなかった……。ティーンエイジ・ノワール、業苦の終局。

「子どもたちは狼のように吠える(ハヤカワ文庫JA)」の作品情報

レーベル
ハヤカワ文庫JA
出版社
早川書房
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
385ページ (子どもたちは狼のように吠える1)
配信開始日
2016年6月30日 (子どもたちは狼のように吠える1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad