電子書籍 古代の謎・二十の仮説(パレード) 実用

著: 衣川真澄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

古代の謎・二十の仮説≪前編≫ 新思考により古事記・日本書紀から史実を解き明かす あらすじ・内容

著者は、ある史観に立って第三者的に歴史を解釈すべきではない。歴史の当事者と同じ位置にあって、人の営みの歴史として捉え、学べる生きた歴史を提供したいという立場に立っています。
他方で、これまでの日本の古代史研究は断片的な部分研究が多く、古代史の全容を明らかにしていません。
これは分析科学的なアプローチに止まっているためと著者は考えています。
これらの視点から、著者は、システム思考という新しいアプローチを駆使して、人の営みの歴史として、その全容を明らかにしたいと考え、この著作を執筆しました。
日本の古代史研究における解明すべき課題に対応した20の仮説を歴史の流れの順に設定し、仮説ごとに論述する形式をとっています。
前篇は、日本に小部族国家が誕生する西暦一世紀からヤマト王権が拡大する四世紀までの中において、10の重要な仮説を設定し、論述しています。
神話の時代を人の営みの歴史として明らかにしています。
天照大御神、須佐之男命、大国主命、神武天皇など、これまで神話でしか語られなかった人物の出自や血縁関係、彼らの実際の生き様を人の歴史として記しています。
また、ヤマト王権は、記紀の記すように万世一系では繋がっておらず、複数の系統の王族が入れ替わっていること、垂仁天皇の後は王国が東西に分かれることを明らかにしています。

この作品を共有

「古代の謎・二十の仮説(パレード)」最新刊

著者は、ある史観に立って第三者的に歴史を解釈すべきではない。歴史の当事者と同じ位置にあって、人の営みの歴史として捉え、学べる生きた歴史を提供したいという立場に立っています。
他方で、これまでの日本の古代史研究は断片的な部分研究が多く、古代史の全容を明らかにしていません。これは分析科学的なアプローチに止まっているためと著者は考えています。
これらの視点から、著者は、システム思考という新しいアプローチを駆使して、人の営みの歴史として、その全容を明らかにしたいと考え、この著作を執筆しました。
日本の古代史研究における解明すべき課題に対応した20の仮説を歴史の流れの順に設定し、仮説ごとに論述する形式をとっています。

中編は、西暦四世紀後半から七世紀、欽明天皇の御世までの中において、6の重要な仮説を設定し、論述しています。
この時代になると朝鮮半島には高句麗、百済、新羅という国家が誕生します。これらの国との交渉や抗争、中国王朝との冊封外交など、東アジアの動向がヤマト古代王朝に大きな影響を及ぼしてきます。東アジアとの関係を重視しながら、ヤマト古代王朝の興亡の歴史を紐解いていきます。
神功皇后の時代は、『魏志倭人伝』の記述と整合を取るために創作されていること、高句麗の広開土王の時代、朝鮮半島において、ヤマト王朝と高句麗が激しく戦っていること、その前夜において、東西に分かれていたヤマト王朝は再統一されていること、など、システム思考のアプローチによって見えてきた新事実を明らかにしています。
そのほか、継体天皇の王権交代における真相、武烈天皇から欽明天皇までの間における百済との関係の真相についても詳しく述べています。

「古代の謎・二十の仮説(パレード)」作品一覧

(2冊)

各1,153(税込)

まとめてカート

著者は、ある史観に立って第三者的に歴史を解釈すべきではない。歴史の当事者と同じ位置にあって、人の営みの歴史として捉え、学べる生きた歴史を提供したいという立場に立っています。
他方で、これまでの日本の古代史研究は断片的な部分研究が多く、古代史の全容を明らかにしていません。
これは分析科学的なアプローチに止まっているためと著者は考えています。
これらの視点から、著者は、システム思考という新しいアプローチを駆使して、人の営みの歴史として、その全容を明らかにしたいと考え、この著作を執筆しました。
日本の古代史研究における解明すべき課題に対応した20の仮説を歴史の流れの順に設定し、仮説ごとに論述する形式をとっています。
前篇は、日本に小部族国家が誕生する西暦一世紀からヤマト王権が拡大する四世紀までの中において、10の重要な仮説を設定し、論述しています。
神話の時代を人の営みの歴史として明らかにしています。
天照大御神、須佐之男命、大国主命、神武天皇など、これまで神話でしか語られなかった人物の出自や血縁関係、彼らの実際の生き様を人の歴史として記しています。
また、ヤマト王権は、記紀の記すように万世一系では繋がっておらず、複数の系統の王族が入れ替わっていること、垂仁天皇の後は王国が東西に分かれることを明らかにしています。

著者は、ある史観に立って第三者的に歴史を解釈すべきではない。歴史の当事者と同じ位置にあって、人の営みの歴史として捉え、学べる生きた歴史を提供したいという立場に立っています。
他方で、これまでの日本の古代史研究は断片的な部分研究が多く、古代史の全容を明らかにしていません。これは分析科学的なアプローチに止まっているためと著者は考えています。
これらの視点から、著者は、システム思考という新しいアプローチを駆使して、人の営みの歴史として、その全容を明らかにしたいと考え、この著作を執筆しました。
日本の古代史研究における解明すべき課題に対応した20の仮説を歴史の流れの順に設定し、仮説ごとに論述する形式をとっています。

中編は、西暦四世紀後半から七世紀、欽明天皇の御世までの中において、6の重要な仮説を設定し、論述しています。
この時代になると朝鮮半島には高句麗、百済、新羅という国家が誕生します。これらの国との交渉や抗争、中国王朝との冊封外交など、東アジアの動向がヤマト古代王朝に大きな影響を及ぼしてきます。東アジアとの関係を重視しながら、ヤマト古代王朝の興亡の歴史を紐解いていきます。
神功皇后の時代は、『魏志倭人伝』の記述と整合を取るために創作されていること、高句麗の広開土王の時代、朝鮮半島において、ヤマト王朝と高句麗が激しく戦っていること、その前夜において、東西に分かれていたヤマト王朝は再統一されていること、など、システム思考のアプローチによって見えてきた新事実を明らかにしています。
そのほか、継体天皇の王権交代における真相、武烈天皇から欽明天皇までの間における百済との関係の真相についても詳しく述べています。

「古代の謎・二十の仮説(パレード)」の作品情報

レーベル
――
出版社
パレード
ジャンル
実用 歴史
ページ数
312ページ (古代の謎・二十の仮説≪前編≫ 新思考により古事記・日本書紀から史実を解き明かす)
配信開始日
2016年7月27日 (古代の謎・二十の仮説≪前編≫ 新思考により古事記・日本書紀から史実を解き明かす)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad