電子書籍 こずかた治全集(パンローリング) 文芸・小説

著: こずかた治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

迂回融資 あらすじ・内容

相談役森川俊を中心に5人の腹心が金融・不動産・法律・広告会社、そして政治結社を持つ。その5つの会社が山手線の主要駅にあり、それを線で結ぶと五角形になることからそのグループはペンタゴン会と名称された。ペンタゴン会で不動産業を受け持つ大山に、合同銀行の取締役が10億円で銀行の担保物件の処理をして欲しいと依頼がきた。聞けば融資するための金を捻出するために物件を売りたいという。銀行が自分の財産を処分してでも金を貸す不自然さに、銀行の弱みを嗅ぎ取った大山だが……。

この作品を共有

「こずかた治全集(パンローリング)」最新刊

金銭賃借契約には抵当や担保、保証人といった裏付けがあり法律的にも守られている。人間関係にも保証が必要だ、というのが金融会社宮沢商事社長宮沢登の信条だ。宮沢商事は同業者とフランチャイズ契約を結ぶことで北海道から近畿圏まで支社を設置、全国的に勢力を拡大中だ。しかし悩みの種は人間関係。フランチャイズ店の裏切りともいえる勝手な動きに宮沢は頭を悩ませる……。

「こずかた治全集(パンローリング)」作品一覧

(6冊)

各550(税込)

まとめてカート

相談役森川俊を中心に5人の腹心が金融・不動産・法律・広告会社、そして政治結社を持つ。その5つの会社が山手線の主要駅にあり、それを線で結ぶと五角形になることからそのグループはペンタゴン会と名称された。ペンタゴン会で不動産業を受け持つ大山に、合同銀行の取締役が10億円で銀行の担保物件の処理をして欲しいと依頼がきた。聞けば融資するための金を捻出するために物件を売りたいという。銀行が自分の財産を処分してでも金を貸す不自然さに、銀行の弱みを嗅ぎ取った大山だが……。

「この寺はなにがなんでも手に入れろ。多少なら、あらっぽいことも見逃す。これが手に入れば濡手に粟の事業ができる。」森川俊は集めた5人のブレーンに作戦の開始を告げた。狙いをつけたのは駒が峰の麓・願成寺。大日円光仏教の教祖である森川は宗教団体として欠かせない拝殿を手に入れる必要があったのだ――。豊富な知識をもとにいくつもの緻密な罠を張り巡らせ、森川たちの作戦が動き出した。

親指と人差し指の腹で剃り残しの髭を探すような仕草をした。大日円光仏教の教祖・森川俊が大きな仕事になると感じたときの癖だった――。 九州地区では大手の是枝グループ。資金繰りの悪化により運転資金が必要な是枝は、地元での体裁を気にしてか、九州から遠く離れた東京の街金業者に融通手形を持ち込んだ。だがしかし、そこは森川の下でブレーン5名が夫々専門分野の事業を展開している円光会の内の1つビームファイナンスであった。ここから、是枝グループの倒産までの方程式が始まる。

「こずかた治全集(パンローリング)」の作品情報

レーベル
――
出版社
パンローリング
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
381ページ (迂回融資)
配信開始日
2016年7月27日 (迂回融資)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad