電子書籍 となりの脅迫者(パンローリング) 実用

著: スーザン・フォワード 

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

となりの脅迫者 あらすじ・内容

人間関係は常に大小さまざまな「要求を受け入れるか、受け入れないか」
というパワーゲームが行われます。

例えば、「誰か窓を開けてくれたらうれしいんだけどなぁ」
と言われて窓を開けた場合、相手の要求を受け入れたことになります。

この窓のような例は、通常はとくに罪もなく、
受け入れたとしても、あるいは受け入れられなかったとしても、
どちらにもそれほど大きな苦痛はないはずです。

しかし、なかには、相手を脅してでも自分の要求を通そうとする場合もあります。

脅しと言っても、「言うことを聞かなければ殴ってやる!」とか、
脅しであることが明白なものではありません。
夫婦や恋人、上司と部下、友人、親子、兄弟など
身近な人物であるからこそ知っている、あなたの弱点を巧妙についた微妙な脅迫です。

例えば、
「あなたに捨てられたら、死んでしまうかも」
「私のことが本当に好きなら、これくらい簡単でしょ?」
「これくらいの残業ができないのか?前任者はもっと働いていた」
というようなことを言われたことはありませんか?
あるいは、気に入らないことがあるとだんまりになる、
部屋に閉じこもる、直接要望を言わずに、しつけのようなおしおきをする

などの「行動」で脅迫されたことはありませんか?

脅迫者は、あなたの「恐怖心」「義務感」「罪悪感」を刺激することで、
自分の要求がさも受け入れられて当然のものであるかのように思い込ませてきます。

「自分が我慢すれば、まるくおさまるから」
「要求を受け入れないと、悪者になる気がする」

と考えて、嫌な要求でも受け入れてしまっている人は
「私に要求をのませるには、こうするのがいちばんいい」
と脅迫者に教えてしまっているのです。

その場はおさまったように見えても、
あなたを屈服させる方法を知った脅迫者は、
これから同じ手段を使ってますますあなたを苦しめるでしょう。

本書では、その状況を打開して、健全な人間関係を築くためにできることを、
セラピストである著者が受け持ったクライアントの実例をもとに解説します。
嫌な要求を受け入れないための第一歩は、まず「何もしないこと」。
要求が出された瞬間、あなたがどう反応するかを決めないことです。

「言いなり」はもうやめて、自分の人生を取り戻しましょう。

この作品を共有

「となりの脅迫者(パンローリング)」最新刊

人間関係は常に大小さまざまな「要求を受け入れるか、受け入れないか」
というパワーゲームが行われます。

例えば、「誰か窓を開けてくれたらうれしいんだけどなぁ」
と言われて窓を開けた場合、相手の要求を受け入れたことになります。

この窓のような例は、通常はとくに罪もなく、
受け入れたとしても、あるいは受け入れられなかったとしても、
どちらにもそれほど大きな苦痛はないはずです。

しかし、なかには、相手を脅してでも自分の要求を通そうとする場合もあります。

脅しと言っても、「言うことを聞かなければ殴ってやる!」とか、
脅しであることが明白なものではありません。
夫婦や恋人、上司と部下、友人、親子、兄弟など
身近な人物であるからこそ知っている、あなたの弱点を巧妙についた微妙な脅迫です。

例えば、
「あなたに捨てられたら、死んでしまうかも」
「私のことが本当に好きなら、これくらい簡単でしょ?」
「これくらいの残業ができないのか?前任者はもっと働いていた」
というようなことを言われたことはありませんか?
あるいは、気に入らないことがあるとだんまりになる、
部屋に閉じこもる、直接要望を言わずに、しつけのようなおしおきをする

などの「行動」で脅迫されたことはありませんか?

脅迫者は、あなたの「恐怖心」「義務感」「罪悪感」を刺激することで、
自分の要求がさも受け入れられて当然のものであるかのように思い込ませてきます。

「自分が我慢すれば、まるくおさまるから」
「要求を受け入れないと、悪者になる気がする」

と考えて、嫌な要求でも受け入れてしまっている人は
「私に要求をのませるには、こうするのがいちばんいい」
と脅迫者に教えてしまっているのです。

その場はおさまったように見えても、
あなたを屈服させる方法を知った脅迫者は、
これから同じ手段を使ってますますあなたを苦しめるでしょう。

本書では、その状況を打開して、健全な人間関係を築くためにできることを、
セラピストである著者が受け持ったクライアントの実例をもとに解説します。
嫌な要求を受け入れないための第一歩は、まず「何もしないこと」。
要求が出された瞬間、あなたがどう反応するかを決めないことです。

「言いなり」はもうやめて、自分の人生を取り戻しましょう。

「となりの脅迫者(パンローリング)」の作品情報

レーベル
――
出版社
パンローリング
ジャンル
実用 自己啓発・生き方
ページ数
472ページ (となりの脅迫者)
配信開始日
2016年7月27日 (となりの脅迫者)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad