電子書籍 上野英信集(径書房) 実用

著: 上野英信 

まずは、無料で試し読み

試し読み

39ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

上野英信集・1 話の坑口 あらすじ・内容

【上野英信集】
絶望に満足しない態度と鋭い光。
炭坑に生活する人々の生きざま、死にざま。その奥底に沈殿した怒り、悲しみ、そして誇りと愛。そこにこそ、著者は光をあて、掘り起こし、人間としての生き方をたどる。そこにたちあらわれてくるものは、“生身の原理”とも呼ぶべきものである。

この作品を共有

「上野英信集(径書房)」最新刊

【上野英信集】
絶望に満足しない態度と鋭い光
炭坑に生活する人々の生きざま、死にざま。その奥底に沈殿した怒り、悲しみ、そして誇りと愛。そこにこそ、著者は光をあて、掘り起こし、人間としての生き方をたどる。そこにたちあらわれてくるものは、「生身の原理」とも呼ぶべきものである。

「上野英信集(径書房)」作品一覧

(5冊)

2,288〜3,256(税込)

まとめてカート

【上野英信集】
絶望に満足しない態度と鋭い光。
炭坑に生活する人々の生きざま、死にざま。その奥底に沈殿した怒り、悲しみ、そして誇りと愛。そこにこそ、著者は光をあて、掘り起こし、人間としての生き方をたどる。そこにたちあらわれてくるものは、“生身の原理”とも呼ぶべきものである。

【上野英信集】
絶望に満足しない態度と鋭い光。
炭坑に生活する人々の生きざま、死にざま。その奥底に沈殿した怒り、悲しみ、そして誇りと愛。そこにこそ、著者は光をあて、掘り起こし、人間としての生き方をたどる。そこにたちあらわれてくるものは、“生身の原理”とも呼ぶべきものである。

【上野英信集】
絶望に満足しない態度と鋭い光。
炭坑に生活する人々の生きざま、死にざま。その奥底に沈殿した怒り、悲しみ、そして誇りと愛。そこにこそ、著者は光をあて、掘り起こし、人間としての生き方をたどる。そこにたちあらわれてくるものは、“生身の原理”とも呼ぶべきものである。

「上野英信集(径書房)」の作品情報

レーベル
――
出版社
径書房
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
418ページ (上野英信集・1 話の坑口)
配信開始日
2016年7月27日 (上野英信集・1 話の坑口)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad